有村藍里の歯にぶつぶつ?歯茎ビフォーアフター【矯正前比較】歯列矯正

有村藍里さんの顔って、なぜか歯茎に目が行ってしまいませんか?歯にぶつぶつがあるらしいんですけど、本当ならちょっと画像とか見てみたいですよね。

どうやら歯列矯正を行ったこともあるようですね、やっぱ気にしていたのでしょうか。ビフォーアフターを比較して見てみましょう。

有村藍里の歯にぶつぶつがあるとの情報が→なかった

有村藍里は妹に比べてコンプレックスを感じていることで有名です。むしろそれが全面に出ていて、コンプレックスキャラとしてイジられているので、生き残り方としては上手ですよね。

そんな彼女にある疑惑が浮上します。それは歯にぶつぶつがあるという疑惑です。ニキビとかならわかるのですが、歯のぶつぶつ?気になりますね。

で、調べてみたのですが、有村藍里さんの歯にぶつぶつができている画像は1枚も見つかりませんでした。歯をアップして調べてみても、それらしき影はありません。

一応、グラビアアイドルですから、写真を撮られる前にはきちんとわからないようにケアしている…という可能性もゼロではありません。

しかし、歯にぶつぶつがあったらかなり目立ちますし、イジられるでしょうから、これだけ探して情報が出てこないということは、デマだったってことですね。

そもそも歯にぶつぶつができる病気って何だ

有村藍里さんの歯はきちんとツルツルでしたが、実際のところ歯にぶつぶつができる病気って何だろうって感じがしませんか?

私も気になって調べたのですが…どうもそれらしい症状自体が見当たりませんでした。口の中や周りに発疹ができる病気はたくさんあるみたいですけど、歯にぶつぶつっていうのはないです。

なんだよ、ぶつぶつしてる画像とか見てみたかったのに。有村藍里さんの場合は、たぶんテレビに出たときに歯に青のりとかついてただけなんじゃないですか?

他にも、歯垢とか歯石とかが光に反射して、ぶつぶつっぽく見えただけという可能性も考えられます。

有村藍里のチャームポイントでもある歯ですが、有村藍里は歯列矯正をしていたこともあるらあしいので、歯に対しては結構気を使っているようですし、歯医者にも通っているのであれば、きっと綺麗にしているので逆にツルツルってかんじでしょうね!

そうですよ。それでこそプロです。グラビアアイドルにとって歯は命です。ここが汚かったらだれも写真を買う事はないでしょう。

有村藍里の歯茎ビフォーアフター【矯正前との比較】歯列矯正について

有村藍里がバラエティー番組「ナカイの窓」で、歯茎を削る「歯肉形成」という施術を受けたことを初告白。放送後にTwitterとブログを更新した。

やはり歯の事はかなり気にしていたのですね。確かに妹の有村架純と比べるとどうしても口元に目が言ってしまいますから、気にするなというほうが無理かもしれません。

歯列矯正、マウスピース矯正など、歯並びにはずっと悩んできました。

「裏側の歯列矯正をしてみたり、乳歯と親知らずを抜いてマウスピース矯正をしてみたりと約5年程ほどかけて試行錯誤していました」

「歯並びを治しても1番のコンプレックスは治らなかった…諦めるか、もう骨ごと動かすしかないのかと毎晩ネットで検索してどうしたらいいのか悩んでいました」

歯の矯正で5年間、この話を聞くと大変さが伝わってきます。しかも、歯茎がコンプレックスだったのですね、下の写真を見ると確かに歯並びと、歯茎は目立ちます。

骨ごと動かすしかないとまで考えられてことに、切なる思いを感じずにはいられません。

ずっと探し続け、ようやく矯正歯科で歯茎を削る方法に辿り着いたのでした。歯と歯茎を削る手術ですから、相当な決心が必要だったでしょう。

「自分の歯と歯茎を削る…正直こわかったです。だけど少しでも自分に自信がもてるようになりたかった。ただそれだけの想いです」

長年コンプレックスに苦しめられてきたんですね。歯列矯正を公表したのは、別に隠すことでもないと思ったから、と本人がその理由について言及。

歯茎を削る、聞いただけで口の中に違和感が起きるようなお話しです。人生においてやらなくても良い手術ですよね。実際前のままでもグラビアアイドルしてた訳ですから、その時の有村藍里で良いと思う人がいたという事です。

それもやるというのは、やはり顔が整っている妹の存在が大きいようにも思えます。「別に隠す必要がない」と言われてますが、いやいや隠せないからでしょとツッコミたくなる方もいらっしゃるかもしれませんね(笑)

それにしても、ここまで口元が変わるとは…現代の技術はすごいですね。

ご覧の通り、矯正前は歯茎が目立っていましたが矯正後にはしっかりと歯茎が隠れて目立たない歯茎に変わっています。

以前は歯を6本抜いて5年かけて矯正していたそうですが周りから口元の事を言われたため、歯茎を削ってセラミック矯正

彼女の歯は独特で、なんと乳歯2本が抜けておらず残っているままだったことで普通の人よりも歯の本数が多かった

とある歯列矯正のHPを見てみると、有村藍里さんと思われる口元(非常に本人に似ています)のビフォーアフター画像が掲載されています。おそらくモニターとして名前を隠して写真を掲載することになっているのでしょう。

通常は、芸能人名を出して権威性を利用して広告することが多いのですが、ここは本当に治せる実力があるからこうやって名前を隠して、載せているのでしょう。

安心できますし、同じように歯茎で悩んでいて、これから歯列矯正をしようか迷っている人にとっては、希望になりますよね。

口元がブサイクってことをすごい言われる」「ゴリラっぽいのがへこんだ」と語りました。コンプレックスを明かし、今年に入ってから「歯茎を削ってセラミック矯正しました」と、番組で初告白。

歯医者で行われる「歯肉形成」という施術で、「かなり歯茎が露出してたので限界まで」「歯茎を焼き切って形を整えて」と歯茎のアーチ状になっている部分を大幅に削ったことを説明。

ちなみに、歯の本数が多いということは、顎が昔の人タイプという事になります。人間の顎は段々とシャープになってきており、歯の本数が多い方は進化していないからとまで言われていました。ゴリラっぽいというのは、ここからきていたのかもしれませんね。

MCの中居正広からの「整形の一種じゃないの?」という疑問には、「歯は整形じゃないです」「これは私は矯正の一種だと思ってます」と答え

期間は3ヶ月ほどで、100万円の費用がかかったことも明かした。

ものは言いようでしょうか。整形の境界線が分からないので何ともいえませんね。しかし100万円ですか、これを高いと思うか安いと思うかは本人のこれから次第ではないでしょうか。

もちろんテレビ出演や、コマーシャルが増えれば自分への投資として成功だったといえるでしょうし、何も変わらなければそれまでだったという事になってしまうので、ある意味怖い施術だったともいえます。

歯茎の形状に起因した鼻の下の長さが気になっていたという有村だが、「ちょっとだけ短くなった」「ゴリラっぽいのがへこんだ」と、今回の「歯肉形成」には満足している様子。

「全体的に上に上がったので、だいぶましになりました!」と白い歯を輝かせてニッコリと微笑んでいた。

口角が上がってまさにニッコリが合う笑顔!ここまで変わるのかとびっくりする二つの写真ですね。

自分自身に自信が持てるようになればいいのですが、それはいつでしょうか、妹の有村架純との共演が叶った時でしょうか。二人の共演にすごく興味がわいています。

✅ この記事をシェアする