幅広い役柄をこなす俳優として活躍されている飯田基祐(いいだきすけ)さん。

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」「青天を衝け」や「ドクターX〜外科医・大門未知子〜 第7シーズン」に出演されており、医療ドラマから時代劇、現代劇まで幅広いジャンルの作品に出演してます。

NHK連続テレビ小説「虎に翼」のモラハラ夫役も話題になりました。

実は、飯田基祐さんはこっそりと入籍をされていたようです。

今回は飯田基祐さんが結婚した妻はどんな女性か、独身を貫いていた理由、結婚生活、子供の有無について調べてまとめています。

飯田基祐は結婚していた!

出典:太田プロダクション

飯田基祐さんは2020年頃、結婚していました

2023年3月にフジテレビ系で放送された『突然ですが占ってもいいですか?』に出演し、占い師からパートナーとの相性に関して問われた際に、実は…と結婚していることを公言していました。

結婚したのは2~3年前だと語っていたので、2020年頃に結婚していたことになります。

飯田基祐の結婚相手の妻はどんな女性?

飯田基祐さんの奥さんに関する情報は一切公表されていません

長らく独身生活を送ってきた飯田さんと結婚されていることからお互いのことを尊重し、自立した女性ではないかと予想されます。

飯田基祐さんのオフィシャルブログを見ると、自宅に花を飾ったり、DIYをしたり、家の片付けをしたりしている様子がわかります。

飯田さんは結婚前から花に関する投稿をされているので以前からお花が好きなのでしょう。

結婚後も花に関する投稿があることから、奥さんもその様子を見守ったり、一緒に楽しんでいると予想されます。

出典:アメブロ

最近だと飯田さんはDIYをしたり、美術館に行かれているそうです。

出典:アメブロ

飯田さんがプライベートを満喫されている様子を見ると、干渉せず尊重し合っているのではないかと予想されます。

花の切り戻しやDIYをするとき、美術館に行かれた際には隣に奥様がいたかも知れませんね。

馴れ初め

飯田基祐さんと奥さんの馴れ初めについては公表されていません。プライベートに関して一切公表されていないので一般の方だと思われます。

飯田基祐さんは50代半ばで結婚されているので、晩婚と言えます。

以前に結婚や離婚に関するエピソードがないため、初婚であることは間違いなさそうです。

初婚50代男性のパートナー女性の年齢は、10代0.3%、20代7.6%、30代27.4%、40代48.0%、50代15.9%、60代以上0.9%。 40代の女性が半数を占めており、その次が30代となっています。

もしかしたら、お相手は30代~40代という可能性も高いので、年の差婚かも知れません。

飯田基祐が長らく独身を貫いていた理由

飯田さんが長らく独身を貫いていた理由は役者としての下積み時代が結婚適齢期と重なっていることが関係していると言われています。

飯田さんは劇団俳優として24歳から32歳まで活躍していました。

その時代に役者としての基本を徹底的に叩き込まれたため、今でもオファーの耐えない俳優として活躍されているのでしょう。

出典:クイズ!脳ベルSHOWの感想を述べるブログ

厚生労働省「令和2(2020)年人口動態統計(確定数)の概況」によると、男性の平均初婚年齢は31.2歳です。

飯田基祐さんは、ちょうどこの頃が下積み時代から劇団の看板俳優となっていく時期なので、婚期を逃していた可能性があります。

飯田基祐はよほど理想の女性がいない限りは結婚しないだろうと周囲に言われていた

飯田基祐さんはプライベートよりも、仕事を重視したい方なようです。

普段の生活ぶりは、奥さんの情報は一切なくまるで独身かのような振る舞いをしています。周りからは、よほどの理想の相手がいないと結婚しないだろうと噂されていたようです。

仕事人間の飯田さんが結婚したとなると、結婚相手の女性はかなり魅力的な方だったことが予想されます。

飯田基祐は妻とどんな結婚生活を送っているのか

ブログによると飯田さんは自宅で、花や観葉植物の手入れをしたり、DIYをしたり、断捨離を行ったりしているようです。

大掛かりなものが多く、奥さんと協力して行っているのではないでしょうか。

出典:アメブロ

大きなテレビ台を作成されているので、奥さんと一緒にDIYしたのかもしれません。

出典:アメブロ

台所で大掛かりな断捨離も行ったようです。

休日にDIYで大工仕事と大掃除をしてくれるなんて、理想の旦那様ですね。

飯田基祐と結婚した妻との間に子供はいるのか

飯田基祐さんと奥さんの間に子供がいるかは不明です。ブログの様子を見ているとお子さんに関わる情報が一切ありません。

どこにも情報がありませんし、写真も一切出てきていないので、飯田さんと奥さんの間に子供がいない可能性が高いと考えられます。

◆こちらの記事も読まれています