かんなとあきらの学校はどこ?学校名と学校制服!同級生が羨ましい

かんなとあきらさんは、熊本県の小学校に通っています。どこの小学校なんでしょうか、学校名も気になりますよね。

子供に大人気のYoutuberである、かんなちゃんとあきらちゃん。

なんと小学生でありながら、チャンネル登録者数は232万人(2018年9月現在時点)です。やばいですよね。化け物みたいなチャンネルです。

かんなとあきらの学校はどこ?学校名が知りたい件|小学6年生と小学4年生の姉妹Youtuber

このチャンネルが始まったのは2010年の頃、先駆者ですね。

動画に普通に登場するお父さんとお母さんのビジネスセンスがはんぱねえって感じなんですけれども、すっかりかんなとあきらさんのお2人はアイドルさながらの人気者になりました。

そんな人気者ともなれば、どこの学校に通っているのか学校名が気になるわけです。少しでも近くへ行きたいと、同じ小学校へ転校したいと言い出す小学生ファンも多いようですね。

現在、かんなとあきらさんは熊本県の小学校にきちんと通いながら、お仕事をこなしています。かんなちゃんは小学6年生、あきらちゃんは小学4年生です。

熊本県の小学校というところまでは分かっているのですが、詳しい学校名までは分かりませんでした。そこらへんはきちんとプライバシーに配慮しているんですね。

有名人とはいえ、まだ小学生の子供ですからね。あまりそういった情報までは拡散すべきではないでしょう。

かんなとあきらは学校制服を着ている→熊本県の私立小学校に通学か?

自宅から小学校へ登校する動画を見ると、学校制服を着ていますね。

おそらく熊本の私立小学校へ通っているのでしょう。公立小学校で学校制服ってあんまりないですし。

学校制服のスカートは紺色でノーマルなので、それだけではどこの小学校なのかは分かりません。

上のブレザーとかネクタイとか、そういった部分が分かれば具体的な小学校の学校名まで特定できそうなのですが、そこは私服?と思われる上着を羽織っているのでよく見えませんね。

かんなとあきらの学校の同級生は育ちが良い子ばかり【さすが私立小学校】

チャンネル登録者数が232万人って半端ないですからね、これだけ有名人ともなれば、かんなとあきらちゃんの学校の同級生たちは、彼女らの情報を売ったりすることもできるはずです。

まあ、さすがに小学生でそんなことを考えるような、資本主義の攻略の仕方を習得している超早熟な子はいないのでしょうけれども(笑)

おっさん
やろうと思えば、同級生ならば学校名を晒したりできるはずだもんな。

でも、そういった情報は流れてないんですよね。twitter等を調べても、そういったプライバシーを漏らすような同級生と思われるアカウントも見つかりません。

おばはん
さすが私立小学校。きっとランクの高い学校へ通ってるのね。

そこらへんの公立小学校だったら、育ちの悪い子がおもしろがったり注目を集めるために、普段のかんなとあきらちゃんの情報をバラまいたりしていたかもしれません。

やっぱり環境って大事ですよね。そして環境ってお金がないと作れないですから、どの両親の下に生まれるかって重要なんですよね。運ゲーだけど。

学校名が割れたら危ない!かんなとあきらの両親に集まる「こどもがかわいそう」批判について

こういった活動をしていると、外野からあれこれ言われるものですよね。

かんなちゃんとあきらちゃんの両親に対しては、一般の子を持つ親から懐疑的な意見が寄せられることもしばしば。

たまに保育園や小学校の制服姿で撮影しているものもあるので、動画を見ている人の中に同じ市内に住んでいる人がいればどこの市に住んでいるかくらいは分かっているかもしれません。

学校名などが特定されてしまう危険のある動画撮影は、子供にとって危険ではないか?

という非常に余計なお世話なコメントをする親御さんというのはどこからともなく現れて、批判をしてはどこかへ去ってゆくものです(笑)

おばはん
ハエみたいなものですね。

かんなとあきらちゃんの学校についても、学校名が割れたら危ないから学校制服を着ている状態で動画を撮るなとか、行動範囲がバレてるとか、あーだこーだ言われております。

近所のショッピングモール(と言ってもどのくらいの距離かは分かりませんが)で撮影しているときもあるので、だいたいの行動範囲も調べたら分かってしまうと思うんです。

それから、去年引っ越しをされたのですが、動画に映っている部屋を見て、ここの不動産屋で借りているんじゃないかなと思ったりもしました。

築年数も分かっているので、本当に調べようと思えば家まで分かるかもしれないです。

大人が顔や名前を公開して家の近所を撮影しても自己責任なので構わないかもしれませんが、子どもがこんなに個人情報を公開して危なくないのかと気になります。

あと、まだ赤ちゃんの三女も名前を公開していて、たまに映っているのですが、小学生くらいになったら同級生の男の子にからかわれたりしそう…。

子供を使わないと宣伝できないようなら自営業やるな。

おばはん
よくある「こどもがかわいそう」批判ね。

「子どもを宣伝に使うな」シリーズの批判はもはや聞き飽きてる感がありますけれども、いまだに根強い支持を集めていたりもしますよね。

平々凡々でこれといった才能が開花しているわけでもない自分の子供と、そんな子供を育てる自分たちを正当化したいのでしょうね。

そもそも自分の子供が何かの商品やチャンネルの宣伝になる力をまず持っているのかという部分を振り返った方が良いですね。

特にこれといった能力もないのに、他の能力のある人を批判することほどださいことはありません。単なる嫉妬ですよね。

“宣伝力を持っていること” というのはこの社会では明らかな武器です。宣伝に使われるような力を持った子供を育ててから、文句を言わないといけないですね。

様々な批判を受けることもある、かんなさんとあきらさんとご両親ですが、クオリティの高い動画で楽しんでいるファンもたくさんいます。

反対意見は跳ねのけて、ぜひこのままYoutubeでの活動を続けほしいです。今後も多くのファンを喜ばせていって欲しいなと思います。

✅ この記事をシェアする