ドラマや映画で活躍中の俳優、毎熊克哉(まいぐまかつや)さんは強面イケメンでカッコいいですよね!

父親はどんな方なのでしょうか?映画に興味を持ったきっかけは父親だったとか…?

毎熊克哉の父親は長崎出身の一般人か?

出典:女性自身

「毎熊(まいぐま)」という苗字はかなり珍しいですよね。

苗字の分布を調べてみると、特に長崎県に多い苗字であることが分かります。

出典:苗字由来net

このことから、毎熊克哉さんの父親は長崎県出身ではないかと言われるようになりました。毎熊の苗字以外に根拠はありませんので、あくまで噂でしかありません。

毎熊克哉の父親の職業

毎熊克哉さんの父親は一般人で、個人情報はあまり明かされていません。

母親は元ダンサーで、地元でダンス講師をしているとの噂がありますが、父親に関しては全く情報がありません。

一般企業で普通にサラリーマンをしているのではないかと考えられます。

映画への興味は毎熊克哉の父親の趣味が影響している?

毎熊克哉さんは、3歳の時に映画「E.T.」を観たことがきっかけで、映画作りに興味を持ちました。

元々は映画監督志望だったものの、自分の意図が演者に伝わらないもどかしさから、だったら自分が役者をやればよいと思って俳優を志すようになりました。

元を辿ると幼少期に観た映画が、現在の俳優活動の源泉となっています。

ちなみに映画は同じものを3回くらい観ていたとのことで、もしかすると父親が映画鑑賞が趣味で、影響されて一緒になって観ていたのかもしれません。

自分の趣味がきっかけで、息子の将来が切り開かれたと思うと嬉しいですよね。

ターミネーター2も良く観ていて、こちらは観すぎたせいでDVDが壊れてしまったんだとか。それで、壊れても何度も観返してまた壊して…と何度か買い替えたのだとか。

映画に対する相当な執着心に、ご両親も驚かれたことでしょう。

毎熊克哉と父親の幼少期エピソード

出典:Instagram

こちらは、毎熊克哉さんの幼少期の写真。のんびりした普通の男の子ですね。

折り畳みの椅子に座っており、家族でピクニックにでも出かけた時の写真でしょうか。

幼少期は、父親と母親と一緒によくレジャーに出かけていたのかもしれません。とても仲の良い家庭だったのですね。

毎熊克哉の芸能界入りに対する父親の反応

出典:CREA

毎熊克哉さんは、元々は映画監督として制作側を志望していたものの、自分が表現した方が早く作りたいものを作れることから途中で転向しています。

そのため、30歳過ぎた頃から伸び始めた遅咲きの俳優さんです。

芸能界入りに関する父親のコメントは残っていませんが、応援したい気持ちと息子の将来を想って止めたい気持ちと両方がせめぎ合っていたのではないかと想像します

ただ、父親も幼少期から映画に対して異常な執着心を見せていた毎熊克哉さんを観てきたことから、止められないだろうなと分かっていたのだろうと思います。

毎熊克哉と父親との親子仲

出典:トーキョー女子映画部

毎熊克哉さんは俳優業で忙しい中、年に1回くらいは実家に帰って家族団らんの機会を持つようにしているそうです。

ご結婚もされていますし、家族同士のコミュニケーションも欠かさず行っているのかもしれません。

親子とはいえ、大人になってから険悪になってしまう人も多い中、毎熊克哉さんは父親や母親と仲良く関係性を継続されているようです。

毎熊克哉の家族構成

毎熊克哉さんの家族構成は、父親・母親・毎熊克哉さんの3人家族だと思われます。兄弟の存在について、語られたことは無く、情報はありません。

もしかすると、兄弟はいるものの一般人であるため、公表しないことに決めているのかもしれません。

ちなみに、以前はサッカー選手の「毎熊晟也(まいぐませいや)」さんが珍しい苗字で共通なので、実は兄弟なのではないかと噂されていたことがありました。

しかし、毎熊晟也さんは自身の兄弟を公開していて、4つ上の姉と7つ上の姉がいるだけだそうです。男兄弟はいないそうで、毎熊晟也さんと毎熊克哉さんが兄弟ではないことは判明しています。

◆こちらの記事も読まれています