森脇健児のハゲ【画像】薄毛を克服した育毛方法は鍼治療?

森脇健児さんがハゲを克服したと話題になっていたことがあります。一時期は、頭皮の状態を非常に心配されておりましたが、現在ではすっかり復活。どのような薄毛・育毛治療に取り組んだのか気になりますね。育毛にはかなり力を入れられているご様子です。

森脇健児のハゲと薄毛克服方法

森脇健児さんは現在51歳です。50代ともなれば、薄毛を気にしておられる男性は世の中にたくさんいらっしゃいます。森脇健児さんもそのうちの一人だったのです。

森脇健児さんは20代前半から元々薄毛で、良くネタにされてたそうです。育毛剤のCMにも出てたようです。

そんな昔から森脇健児さんは薄毛を気にしてたようです。20代前半はなかなか早い時期ですね。実際のところ、どのくらいハゲていたんでしょうか。画像とともに見ていきましょう。

この上記の画像は森脇健児さんが20代の頃の画像です。右が森脇健児さんで左は吉田栄作さんです。2人でギャツビーのCMに出演している画像です。2人とも若くてとてもかっこいいですね。森脇健児さんも人気者だったことがよくわかります。

この頃はそれほどハゲているわけでも、薄毛でもないですよね。髪型をきちんとセットしているっていうこともありますけど、気にする程でもないような印象です。

この画像は、森脇健児さんの40代の頃の画像です。ハゲているというよりは、少し髪の毛が少なくなって薄毛になっている印象です。正面から見ているので、頭のてっぺんがどうなっているのかまではわかりませんが、若い頃と比べてだいぶ薄くなっている感じがします。

そんな薄毛を気にしている森脇健児さんですが、薄毛治療をしているそうなんです。

森脇健児さんの場合は、鍼治療で髪が復活したことを本人が認めています。この鍼というのは「梅花鍼(ばいかしん)」と呼ばれているものです。

小さなハンマーの先に複数の鍼が付いている治療用の鍼で、これを使って頭皮を叩き、毛根に刺激を与えることによって発毛を促すというもの。

鍼治療ということは、頭皮に針を刺していたということです。頭皮に針を刺すなんて考えただけでも痛そうですね…。血行が良くなって頭皮には良いのかもしれません。

森脇健児さんは治療院で 頭皮に鍼治療をした後に唐辛子エキスを頭皮に塗りその上にお灸をするという治療法を受けたそうで、多い時には週に2回通っていたそうです。

今でもマイ鍼と消毒液を持ち歩いていて鍼治療を続けているのだとか。

頭皮に針を刺すだけでも痛そうなのに、さらに唐辛子エキスを塗るなんて想像しただけで悶絶しそうです(笑)そんな治療を根気強く続けたおかげで、薄毛を克服できたみたいです。

森脇いわく最初は天然パーマのような髪の毛が生えてきてから産毛が生え、最終的には「フワァ~」と、芯のある“大人毛”が生えてきたそうです。

この小杉さんによる森脇さんに対する直接インタビューは本当に面白かったので、薄毛に悩んでいる方はぜひ検索して見てみると、元気が出ると思います。

鍼治療だけで自分の髪の毛が生えてくる、ということは嬉しいことですよね。痛そうな治療方法ですが、効果があるあら試してみたいですね。

一旦、薄くなった髪の毛はもう元に戻らないのかと思っていましたが、髪の毛は治療次第では復活することもやはりあるみたいです。男女問わず、髪の毛は若い頃から大事にしたほうがいいですね。

森脇健児がハゲ隠しに黒い粉を使ってる…!?

森脇健児さんは若い頃から、ハゲを隠すために秘密兵器を使っていたそうなんです。それが黒い粉、通称「ハゲ粉」。

森脇健児さんは黒い粉を使用していたみたいです。いわゆるハゲ隠しに使われるミラクルパウダーの事です。髪の毛の薄いところに振りかけるだけで、髪の毛の密度が濃く見えるお手軽なスーパーパウダーです。

一時的に髪の毛を増やしているように見せるパウダーを使用していたらしいといううわあさがあります。よーく観察すると、違和感を感じたりするのですが、テレビ越しならあまり気づかれることもなかったかもしれません。

直接会った人で、このパウダーを使っている人を見かけたことがあるのですが、言われなければわからないくらいでした。言われてからあらためて観察してみると(なるほど…)って感じではありましたが、お手軽にできるのでいいのかもしれません。

このパウダーは濡れてしまったりすると落ちてしまうので、マラソンで汗をかくときには使えないですよね。森脇健児さんがマラソンをするときは汗をたっぷりかくので、頭皮が薄いことがよくわかってしまっています。

ミラクルパウダーも、汗には勝てないみたいですね。薄毛に負けずにこれからも頑張って欲しいですね。これからの森脇健児さんの活躍に期待しています。

✅ この記事をシェアする