立命館大学の炎上!論文作者が無許可でpixiv晒し上げ|大学の謝罪対応

立命館大学の論文が炎上しました。pixivの作品を無断で引用、その作品作者のPNまで勝手に引用し、その論文の中でディスって晒し上げる事態を発見したツイッタラーが拡散、炎上へつながりました。

立命館大学はすぐ謝罪して、論文を非公開にする対応をしました.

おっさん
非公開にしたって、一度晒されてしまったものはもう元には戻せないからな。
おばはん
作者さん、ご愁傷様ね…。

しかも、なんと情報専門の学生と指導教官の論文だったようでして、それこそ君らが一番ネットの危険性わかってるはずなんじゃないの…?と疑いたくなりますよね。

立命館大学が「有害表現」フィルタリングを人工知能学会で発表!題材にピクシブの成人向け小説を無許可で使用

個別作品のURLと作者名が明示されてしまっています。こんな風に、個人が特定される形で論文を発表、公開するなんてどうなんだと議論が巻き起こりました。

何より問題なのが、この晒し上げられた作品作者に一切許可を取っておらず、無許可であったということ。

おっさん
もしかすると、ネットの創作作品にいちいち許可まで取る必要ないと、軽く考えていたのかもな。
おばはん
はっきり言って、ナメてたんだわね…

やはり批判が多数寄せられました。許可は作品作者に取ってないのはもちろん、pixivにも取っていません。

立命館大学、問題の論文の研究概要と論文著者・指導教官

まず、今回の論文の研究概要はこちらです。

勝手に作品を引用しておいて、引用したその作品に向かって「有害表現」とラベル貼り。ひどいもんです。モラルのかけらもありません。

問題の論文の執筆著者と指導教官の名前

この論文の著者は、こちらの方々です。情報分野を専門的に研究している人たちですよね。この炎上を予見できなかったのだろうか…

  • 近江 龍一(立命館大学大学院情報理工学研究科)
  • 西原 陽子(立命館大学情報理工学部)
  • 山西 良典(立命館大学情報理工学部メディア情報学科)

立命館大学の論文炎上に対する対応

謝罪をし、論文を非公開措置にしました。とはいえ、2017年5月25日までは論文PDFが公開状態になっていて、誰でもどこからでも閲覧可能な状態になっていました。

一度公開されてしまったものは、取り返しがつきませんよね。

モラルを疑うとの反応が多数寄せられる

人の表現を攻撃するなんていまどきやばいですよね。さすがに憲法問題にまではならないでしょうが、そういう側面を含む重大問題です。

  • 「実名でないとはいえ、個人を特定できる情報を不特定多数に晒すなんてモラルを疑う」
  • 「成人指定しているものを『有害』と批判的に扱われても」

「立命館、論文非公開になったそうだが、一度情報が出回ったらどうなるか、情報工学をかかげる研究室が認識ないわけではあるまい。」

立命館大学論文に集まった批判の大まかな論点はこちらです。

  1. 固有のURLと作者名を明記し、個人と作品を特定可能にしていること
  2. 本来、18歳以上でないと閲覧できない(ゾーニングされている)小説を「有害表現」として恣意的に取り上げ、不特定多数の目に触れる形で公開していること
  3. 作者に無断で研究データとして使用していること(学術的引用として認められるのか)

学術論文の引用の仕方で、学生が無断利用してしまい、企業から訴えられて退学になった例もあるそうで、学問の世界ではその辺が本当に厳しいはず。

なのになんでこんなことに。

無許可で研究対象として公開分析されてしまった作品作者の反応

ドンマイとしか…勝手に研究の分析対象にされて、公の場で作品をとやかくされてしまったら、作品の作者が精神的にダメージを受けるのは当然ですよね。創作意欲だって削がれる。

おっさん
これはさすがに可哀想だな…。

表現の自由と同じくらい学問の自由も大切なので、ある程度は許容されるという意見も。でも、モラルには反してるよね?

研究・教育利用は通常の著作権よりも広く認められており、「学術的引用」の範ちゅうとも捉えられる可能性はあるが、ユーザーの批判の多くは、モラルや倫理に即した部分にも向けられている。

表現する自由も確かに大事だけれども、たしかに同じくらい学問研究の自由だって大事。だから、ある程度は許容されるのかもしれない。

法律上問題なかったからといっても、モラルに反していることは間違いないですよね。ひどいことには変わりないし、実際問題、作者さんを傷つけています。

おっさん
というか、仮に引用には問題がなかったとしても、研究対象(作品作者)のプライバシーを侵害してないか?
おばはん
「著作権を侵害していないか」という問題と「研究対象のプライバシーを侵害していないか」という問題は、全く別個の論点なのにね。

その辺スルーされちゃってるけど、どうなのかなって思っちゃうなぁ。

pixivの利用規約では作者の同意なく作品を無断で転載することは禁止すると明言されている

pixivの利用規約では、禁止行為として「本サイト及び関連サイトにアップロードされている投稿作品の情報を、当該著作者(創作者)の同意なくして転載する行為」を明記している。

一応、「禁止行為」というタイトルでしっかりと無断転載を禁止する旨、明示されていますね。

ピクシブは立命館大学に問題解決を要請

ユーザーからは「ピクシブは大学や学会に抗議すべき」という声も上がっている。

ということでしたが、pixivは立命館大学に経緯等の確認とユーザーときちんと問題解決するように要請したみたいですね。

作品を展開するサービスでユーザーを獲得している以上、ピクシブもしっかり対応しないといけないですからね。

おっさん
知らないところで自分が研究対象にされて、公的に発表されたと想像すると…おぞましいよな。
error: Content is protected !!