坂上忍の犬!保護犬サンタが義足で脱走?しつけは厳しいらしい

毒舌キャラ、潔癖症キャラで有名な坂上忍さん。今やテレビの顔というポジションが定着しましたよね。

おっさん
コワモテなイメージだけど、芸能界きっての愛犬家として知られているんだよな。

そんな坂上忍さんが最近保護犬を引き取ったとか。「日本テレビ 天才!志村どうぶつ園「坂上道場」」でも、甘え犬に対する厳しいしつけで有名だったりします。

おばはん
元保護犬で義足のサンタくんを引き取っているんだけど、脱走事件があったらしいのよ。

坂上忍さんはしつけが厳しいと噂ですし、厳しすぎるあまり脱走しちゃったのでしょうか(笑)しかし、義足で脱走するなんて、よっぽど嫌だったのでしょうかね…。

坂上忍はサンタを保護犬として引き取った

坂上忍さんは自宅に11頭の愛犬を多忙の中、自ら毎日お世話しています。

坂上忍さんは、「サン(=sun:太陽という意味)」を、今回12匹目の末っ子犬として迎え入れました。

サンは、俳優の福士蒼汰さんが日本テレビ「天才!志村どうぶつ園」のコーナー『捨て犬ゼロ部』という企画で訪れた保護犬施設にいました。

坂上忍さんは放送を見た時から「サンを末っ子に迎え入れたい」と思っていたそうです。

サンには左前脚がありません。猟で使用される罠に左前脚が引っかかってしまったのです。大きなケガで、切断せざるを得なかったようです。

また、サンの体には散弾銃の跡もあります。

猟の途中で事故に遭い、迷い犬になったり、人間に面白半分で散弾銃の的にされた可能性もあるようです。こころのない人間の犠牲になってしまったんですね。

坂上忍さんはサンを”筑波サンタ”と名付けました。坂上忍さんの愛犬にはなぜか全部名字がついているんです。かわいいですよね(笑)

サンタは今、坂上忍さんが『有吉ゼミ』「坂上忍、家を買う」で購入したセカンドハウスで、ゆっくりとした時間を過ごしています☆

筑波という名字は、茨城県のつくば市にある保護犬施設から来たことに由来しています。

坂上忍の愛犬サンタが義足で歩き出す!脱走事件があったらしいが…

坂上忍さんの毎日の日課が愛犬の散歩。何しろ愛犬の数が多いから散歩も大変そうです。オフシャルブログ「綺麗好きでなにが悪い!」では、愛犬との毎日が綴られています。

保護犬サンタも散歩の仲間に加わり、快調に歩いています。義足のおかげですね。

サンタの義足を作ったいきさつ

サンタはまだ3歳と若く、三本足でも歩けます。

しかし、年をとって体力がなくなった時には、義足に慣れる体力も失ってしまう。元気なうちに、義足に慣れてほしい。

そして、「左前足に義足を作って、サンタに思いっきり走り回ってほしい。」そんな思いで、坂上忍さんは義足づくりを決意したのでした。

サンタの義足作りをお願いしたのは、東洋装具医療器具製作所の島田旭緒さんです。島田旭緒さんは動物たちの義足や車椅子を専門に作ってきました。

10000匹以上に作ってきた超ベテランの義足職人。プロ中のプロです。

義足作りの試行錯誤

はじめの義足は、ばねタイプでした。しかし、サンタがすぐに歩くのをやめてしまいます。

そこで、二足目は杖タイプにしてみました。これは最初こそ使っていたものの、だんだんと使わなくなってしまいました。

最初のばねタイプだとよろこんで使います。少し寸法が短くて使い勝手が悪かったようですね。今度改良する時は、すこし長めにすることに。

おっさん
ちゃんと歩いてくれるような義足を作るのって大変なんだな、、

志村けんさんの愛犬ポチとの散歩が実現

かねてからサンタが義足が上手くいったら、志村けんさんの飼っている愛犬ぽちと散歩をしようと約束していました。

そして、やっとサンとぽちの散歩が実現しました。サンとぽちは東京の深大寺周辺を散歩しました。サンは以前のばねタイプの義足でおもいっきり走り回っていました

おばはん
坂上忍さんや島田旭緒さんの地道な努力が身を結んだ瞬間ね

サンタは捨て犬、ぽちは野犬というどちらもつらい過去があった犬達が二人の飼い主のもとで今はとても幸せに暮らしてます。

サンタ脱走の真意

ある日のブログ、寝そべりながらじっと外を見るサンタに、

サンタくん…..なにをしてるかわかります?

外を、見ているんです。

表に、出たいんですかね。

慣れてきたとはいえ、まだまだな部分も多々あります。

12匹目で末っ子ですし、まだまだ新参者。気を使っている部分もあるのでしょうか。

このやり取りは、忍さんの妄想?

パパ「おい、脱走を計画してるんじゃないだろうな」

サンタ「い、いえ」

パパ「ほんとだな?」

サンタ「は、はい…..」

まぁ、脱走なんかさせませんし…..。

例えしたとしても、死んでも追いかけますけどね。

ふふ、ふっ。

てな具合のブログの文章が独り歩きして、サンタ脱走の噂が拡散したのではないかと推測されます。ということでサンタ脱走はガセでした。

ただし、他の愛犬たちはちょくちょく脱走するそうです(笑)

9男の高木ブー太郎くん。たびたび脱走するそうですww そりゃ、愛犬がこんなにたくさんいたら脱走する犬も出てくるでしょうね。

こやつ…..また脱走しました。でも、行先はわかってるんです。

ニコニコしながら、海で遊んでました。なんて悪気のない、無垢な笑顔なんでしょう。でもでも、ちゃんと叱られました。

こんな顔見たら、可愛すぎてしっかり叱られないのが人情。しかしそこは坂上忍さん。犬のしつけは厳しいのです。

おっさん
ニコニコ海で遊んでいたら、叱る気も失せるよなぁ…(笑)
おばはん
犬が海で純粋に、楽しそうに遊んで喜んでいたら、家で飼うのもどうなのかなとか思っちゃったりするわね

坂上忍の犬のしつけは厳しいらしい

「志村どうぶつ園」の名物コーナー「坂上道場」では、毎回甘え犬・暴れ犬・しつけができていない視聴者の愛犬を、坂上忍さんが厳しく、そして愛情をもって犬たちを更生の道へ導いています。

犬とちゃんと向き合って、駄目なことといいことをはっきり伝える。そして犬とは主従関係、人間が主人、犬が家来ということをはっきりさせます。

坂上忍さんは自分がリーダーであることをはっきり示しながら、厳しく接した上で可愛がっているようです。

おっさん
どうしても愛らしくて犬を甘やかしがちになるけど、序列をしっかり示した方が、犬にとって幸せってことなんだよな。

保護犬サンタへのしつけ

では、坂上忍さんは保護犬のサンタにも同じように厳しくしつけするのでしょうか?

答えは、いいえ。サンタの場合は少しアプローチを変えました。

サンタは人間から虐待されて、人間不信に陥っていました。サンタが心を開いてくれるまで、待つ姿勢です。

一つのやりかたに固執するのではなくて、一匹一匹違うアプローチをしていくんですね。

御自身で子役の養成所を主催なさっているだけあって、指導の経験が違いますよね。さすが坂上忍さん、発言や行動に一本筋が通ってますね。

今ではすっかり坂上忍さんの愛犬兄弟の一員として溶け込んでいる様子。

おっさん
坂上忍さんは、自分の年齢と犬の寿命を考えた結果、筑波サンタを最後の愛犬にしたんだってな。
おばはん
いつまでも仲良く、幸せでいて欲しいわね。

✅ この記事をシェアする

error: Content is protected !!