芹那の炎上!マザーギフトプロジェクトにホリエモンを勝手に利用、堀江が法的措置を匂わせる

「マザーギフトプロジェクト」をホリエモンこと堀江貴文さんが、推薦・応援していると謳って販売していた芹那さん。

ホリエモンさんからツイッターで反撃をされて、炎上しかけました。しかも火消しが鬼早かったのがちょっとおもしろかったですよねww

おっさん
勝手に自分の名前が詐欺商材に使われたらたまったもんじゃないよな。

今回は、芹那さんがホリエモンをどんな風に利用したのか、そしてその後のホリエモンの法的措置についてまとめました。

「ホリエモン!芹那のマザーギフトプロジェクトを応援してるの?」→堀江「全然関係ないので法的措置」

「マザーギフトプロジェクト」…いかにも香ばしいネーミングですねw

後ほど詳しく説明しますけれども、芹那さんは情報商材の販売をされている方で、マザーギフトプロジェクトの内容は30万円の高額塾です。

芹那さん、ホリエモンとのツーショット写真を悪用!

2017年9月28日、堀江貴文さんの公式ツイッターに、フォロワーからこのようなリプが飛んできました。

「芹那という女性が行っているマザーギフトプロジェクトという情報商材の推薦・応援をなさっているように記載されていますが、堀江さんはこちらの件について認知していますでしょうか?」ー2017年9月28日

”推薦・応援をなさっているように記載”と書いてありますね。いったいどんな記載があったのでしょうか。

気になったので、マザーギフトプロジェクトのセールスレターを調べてみました。すると、芹那さんのレターの中にはこのような記載があったのでした。ご覧ください。

「著名人や超大御所の方々も私のマザーギフトプロジェクトを推薦、応援してくれています!!」

と、派手に装飾された大きな文字の直下に写真が16枚並んでいます。みなさんいい顔で、芹菜さんと仲良く写っていらっしゃいますね。

先ほどの文面の直下に写真の配置をしているため、芹那さんと一緒に写っている方々は、文面でいう、「著名人や超大御所の方々」 に該当するということを想起させる配置です。

そしてその数々の煌びやかな写真の直後には、このような文面も。

「これほどの大御所の方々に推奨しても(ら)えるのは、やはり貴重ですし嬉しいことですよね。

私の想いに賛同していただき感謝しています。」

つまり、芹菜さんと一緒に写っている人たちは、芹奈さんの「マザーギフトプロジェクトを推薦、応援してくれてい」る人、そして、芹菜さんの「想いに賛同してい」る人、と読み取らせる意図のある組み立てですね。

さあ、さっきの写真のをもう一度見てみましょう。右上にご注目。

皆さまご存じホリエモン(堀江貴文)さんです。こんなところに登場するなんて…何やってるんですか堀江さん(笑)

このレターを見た一般ツイッターユーザーが、ホリエモンさんに対してリプを送ったのでした。

「堀江さんが『マザーギフトプロジェクト』を推薦、応援しているかのように記載されていますが、知ってますか?」と質問。

それによって、今回の事件が発覚したわけです。

ホリエモンはマザーギフトプロジェクトに一切関係なかった「法的措置を取ります」

ツイッターでの質問に対し、ホリエモンはこのように返答しています。

「全く関係ないので法的措置を取ります。」ー(@takapon_jp)2017年9月28日

芹那さんは、ホリエモンに写真の使用許可も取らずに勝手に使用、しかもホリエモンはマザーギフトプロジェクトに一切関係なかったのです。

写真のらん用ですね。堀江さんはかなりの有名人ですから、そのネームバリューを盗用したわけです。「あのホリエモンが推薦、応援してるなら、これは本物だろう」と錯覚させる手法です。

人は、有名人の発言や肩書に非常に弱くて、その人が言ったことを妄信してしまう性質があります。これを宣伝に利用したマーケティング手法を「権威性の利用」って言いますよね。

【秒速で火消し】堀江さんの写真乱用炎上のその後は?

この炎上事件は、2017年9月28日の出来事です。フォロワーの質問に対するホリエモンの返信は、同日15:11にされています。

私が現在記事を書いているのは、その翌日2017年9月29日の19時頃です。再び、芹那さんのマザーギフトプロジェクトのセールスレターを見てみました。すると…。

即刻、写真差し替え+文面削除で証拠隠滅!謝罪等の記載は一切なし

▲写真差し替え+文面削除後

おっさん
間違い探しだなww

一見、昨日のものと同じようにも見えますが、写真の枚数が14枚になっています。9月28日には16枚だったので、2枚減っています。

こういう方々は、本当に行動力がありますね(笑)爆速で手直しされてます。

わかりやすいように、横に並べてみました。切って貼ってるだけなので、ちょっと汚いのはご勘弁を。左が28日、右が29日です。

ホリエモンの写真の他に問題になりそうな写真を数枚削除、そして「これほどの大御所の方々に推奨しても(ら)えるのは…(略)…私の想いに賛同していただき感謝しています。」という明らかに真実ではない文面も、一緒に削除されています。

ちなみに、写真を勝手に掲載したこと、推薦応援していないのに推薦応援しているかのように掲載していたこと等に対する謝罪は、一切ありませんでした

何事もなかったかのように、販売は継続中です。

おばはん
なにこの人、こわい。

芹那さんの過去の経歴|神崎芹那、又の名を近藤桃子、又の名を稲村。何でそんなに名前変わるのww

「神崎芹那」という名前で現在活動されていますが、以前は「近藤桃子」というお名前で情報屋さんをしていました。

ちなみにその前は「稲村」というお名前でした。頻繁にお名前が変わりますねwww 過去にはこういうこともしてます。

しっかりヤルコトやってらっしゃいますね。いつも白い服来てるのって、何か意味あるのかな?

芹那さんは渡辺パンダの舎弟

渡辺さんは有名な情報商材屋さんで、与沢翼と交流があると思われます。そんな渡辺さんの舎弟が、芹那さんなのです。

かなり可愛がられていたようで、一緒に写っている写真・動画がかなり存在します。

さてさて、お2人は度々仕掛けていらっしゃるんですけど、これを見てどう思われるでしょうか?

▲左は渡辺パンダ、右は芹那のローンチ

おっさん
似すぎwww 醸し出す空気がまったく一緒。
おばはん
コントにしか見えないわね。

ちなみに以前、芹那さんは別のローンチで、FXの自動売買ツールを販売していました。マザーギフトプロジェクトの中身も、それと同じなのではないか?と推測されています。

マザーギフトはFX関連の商材ですし、セールスレターの内容からもおそらく以前に販売していたFXの自動ツールと同じものだと思われます。名前を変えただけ。

そして、この「FXの自動売買ツール」とは「六本木ヒルズ」や「札束」等の金持ちブランディングをしながらツイッターでDMを送り、それに引っかかった人によく売りつけられているありがちなものです。

アメリカの証券業者が開発し、そこの口座を利用している顧客に無料で配布しているシステムがあるのですが、それをどうやら盗用し、無許可で彼女らは販売しているらしいですね。

以前、ヒカルさんがVALUで炎上して活動休止しましたが、そんなヒカルさんの師匠の井川さんは、芹那さんと同じく渡辺パンダさんの舎弟です。

で、ヒカルたちにごたごたな印象を付けられて出鼻を挫かれてしまったVALUの役員には堀江貴文さんがいらっしゃいます。

ヒカルの上の井川さん、そしてさらにその上の渡辺さんの意図で、VALU潰しの為にヒカルが利用され、使い捨てられたのではないか、とすら勘繰ってしまいます。

渡辺サイドといわば、敵対関係にある堀江さんの写真を、今回芹那さんはらん用しました。利害関係がえげつなく絡まりに絡まって、非常に闇が深くなっています。

おっさん
漆黒だな。マジで闇。
error: Content is protected !!