設楽統の豪邸自宅の場所!価格は4億円?過去の火事エピソード

設楽統の豪邸自宅のお値段は4億円らしいですね。さすが、問題を絶対起こさないタレントとしてますます需要が高まっている設楽統さんです。

帯番組「ノンストップ」のMCも務めていますから、年収は相当の額あるのでしょう。

おっさん
自宅の場所はもちろん高級住宅街なのかな

設楽統さん、なんと過去に自宅が火事になったことがあって、奥さんにこっぴどく叱られたっていう話もあります(笑)不謹慎かもしれませんが、本当なら若干おもしろいですけど…。

設楽統の豪邸とその場所!気になるお値段は4億円!?

2017年11月発売の「週刊文春」(文芸春秋)でバナナマンの設楽統さんが推定4億円の豪邸を都内で建設中である記事が掲載されました。

バナナマンはコンビで10本以上のレギュラー。設楽統さん個人でもは2012年から平日の帯番組「ノンストップ!」(フジテレビ)のMCを務めています。

噂によると、年収は2億円超えであるとか。はたまた違う筋では年収3億5000万~4億円と言われています。

業界での評判は好評で今後ますます活躍の場が広がりそうです。

豪邸建設中の事実を、設楽統さんは自身のラジオ番組内で認めています。2017年11月24日深夜放送のラジオ番組「バナナマンのバナナムーンGOLD」でのことです。

相方の日村勇紀さんからの「(家を建てたという報道は)これはどうなんですか?」との問いかけに「あの、そう、建てた」と建築の事実を認めました。

日村勇紀さんは「すげえなあ。いや、おめでとう! 感動だよ」と祝福しました。

おばはん
その前に、相方なのに家を建ててたことも知らないの?と突っ込みたいところね。

設楽統さんは、「いや、ありがとう。これは、すみません。半分は日村さんが建てたみたいなもんですよ。みんな本当に感謝ですよ」と、相方への敬意を忘れない素晴らしい人格者コメント(笑)をしていました。

豪邸の場所は不明だが、おしゃれなデザイナーズハウス!住宅ローンは35年だって…

設楽統さんの豪邸の住所・場所は残念ながら特定できませんでした。「女性自身」の記事によると、黒を基調とした、おしゃれなデザイナーズハウスだということです。

設楽さんは豪邸建築の2年前に土地を購入。約40坪の土地で、当時で坪単価約845万だったそうです。設楽統さんお住まいの不動産屋さんの話によると、土地だけで3億円の価値があって、建築費用も合わせると4億円になるそうです。

さすがの設楽統さんもこれだけの物件、キャッシュでは買えないようで、

「まあこれは値段のアレはさておきさやっぱビビるよね。大量な金額なわけじゃない。俺はもちろん35年ローンとかでさ」

と、住宅ローンは35年だと明かしました。気が遠くなる年ですね。生きているのかもさだかじゃありません。

「そうすると80(歳)近くまでさ俺そんなに大丈夫なのかな?って思うじゃん。サラリーマンでさ毎月安定していくらもらうとかじゃないしさ」

すでに安定した人気を保っている設楽統さんにしても、将来に対する不安があるんですね。

おばはん
だったら賃貸にしとけばいいのよ、という意見は秘密にしておきましょう。
おっさん
住宅ローン組んだら一生働かないといけないわな。結婚・子供・車・家でチェックメイトだと思うんだがな…

豪邸自宅の購入理由

新居を購入したのは奥様へのプレゼントだというのです。

おばはん
”素敵なお家” を買ったら奥さんが喜ぶっていう世代だものね。
おっさん
今の若い世代だと、豪邸買っても全然喜ばないもんな。

設楽統さんが現在の奥様と知り合ったのは19歳の時でした。25歳の時に結婚。『バナナマン』がブレイクしたのはここ10年。それまで設楽統さんを支え続けたのが奥様でした。

交際当初から『バナナマン』のライブに駆けつけて、客席で楽しそうに見ていたそうです。今でも奥様は、設楽統さんの出た番組のチェックをかかさないそうです。

設楽統さんと奥様が同棲していたアパートはお風呂もなかったのだとか。「もっと、ちゃんとしたところに暮らそう」と結婚を決めたそうです。

ラジオ番組「バナナマンのバナナムーンGOLD」の同じ回では、設楽統さんと日村勇紀さんが下積み時代に一緒に暮らしていた風呂なしアパートの話題も出てきました。

日村勇紀さんは「ガチで感慨深いよ家を建てたのって」とコメント。下積み時代の二人は「5億円貯めたら(芸人を)やめる」と言い合っていたらしく、懐かしそうに語りました。

日村勇紀さんは「その人が4億円の豪邸建てたって思うと感慨深いじゃない」としみじみ。
設楽統さんは「いやいや、日村さん。俺ハッキリ(値段は)言ってないじゃない」と4億円についてはぼかしていました(笑)

設楽統の自宅が火事になったエピソード

設楽統さんは大のヘビースモーカー。

2007年に3月18日のことでした。

賃貸の一室でタバコを吸い終えて、それを灰皿に捨て、消えたのを確認した後、溜まっていた吸い殻をゴミ箱に捨てました。

ゴミ箱に捨てた吸い殻が、発火。ちゃんと消えてなかったようですね。

その時設楽統さんは家族と共にリビングにいました。「今まで聞いたことがない」という発火の音で火事に気が付きました。

この火事で私物であった衣装やバッグが、全て焼失。不幸中の幸いで、火事で燃えてしまったのが、その一室だけだったということ。

後に設楽統さんが語ることには、

「もうね~~死んじゃうって思ったの”とりあえず逃げなきゃ”って。消すとかって発想にならないの」

最初はパニックになって、恐怖で頭が真っ白になったようです。

ですが、すぐに冷静さを取り戻し、火事発覚後、奥さんと子供を避難させた後に、下の階の住人と消火活動をしました。落ち着いてましたね。

火事の6時間後に出演したイロモネアで見事優勝ww

火事を起こしたら、普通ショックでその日に仕事なんて普通無理ですよね。

しかし、設楽統さんはすぐに火事が起こったその6時間後に『ウンナン極限ネタバトル! ザ・イロモネア 笑わせたら100万円SP』の収録現場にいました。すごいプロ根性。

火事が今さっき起こったことを告白し。火事での損失を少しでも埋めようと、いつも以上のハイテンションで、本番に望みました。

ものすごくショックな出来事があると、妙なテンションになって、それが悪い結果をまねいたり、いい結果を呼び込んだりします。

設楽統さんには火事がいい結果を引き寄せたんでしょうね。優勝寸前に迫った時、どうしても面白いリアクションが閃かない。

その時、とっさに取り出しのが、火事でドロドロに焼けてしまった携帯電話でした。これで見事優勝。100万円ゲットできたそうです。

相方の日村勇紀さんは、設楽統が火事にあったことをマネージャーから聞いた時に、ドッキリだと思ったそうです。

収録現場にパジャマ姿と髪の毛の一部が焦げた設楽統さんの姿を見て、やっと嘘じゃなかったと確認したのでした。

火事の後始末

設楽統さん火事の後、有吉弘行さんからありがたくないアダ名を頂戴します。

「放火魔」

失礼すぎるww と言いたいところですが、たしかに故意はないにしろ過失ありますからねww あながち間違ってないのかもしれない(笑)

消防署と警察の現場検証

火事のあと設楽統さんの立ち会いのもと、消防署と警察の現場検証が行われて、放火ではないことが証明されました。

これは保険会社に提出するため、ということです。

修繕費を払った後に、火災保険は支払われない

修繕費を支払った後に、火災保険を請求しても適応されない。修繕をする前に見積もりをとって、見積もりを保険会社に見せなければならない。

設楽統さんが起こした火事は幸い一室だけだったのですが、「イロモネア」の優勝賞金100万円では足りなかったそうです。

ちなみに事務所の社長さんは1万円くれたそうです。少な(笑)

火事の後の「奥さんとの愛の炎はどうなった?」という質問で、「鎮火した」と答えた設楽統さん。火事を起こした時は、奥様に散々に叱られたそうです。

しかし、火事を起こした時に出演した「イロモネア」が設楽統さんの真のブレイクのきっかけではないかと思います。

それが大豪邸を建てるきっかけだとしたら、奥様も火事を起こしたことを許してくれますよね。

文字通り「災い転じて福をなす」を地でいく設楽統さんでした。

✅ この記事をシェアする