内田恭子の旦那は木本公敏取締役(吉本役員)!?馴れ初めエピソードと結婚秘話

内田恭子さんの旦那は、吉本の役員です。お名前は木本公敏取締役です。

芸能事務所の役員になったなんて、仕事は大忙しでしょうし、かなり厳しい出世競争を勝ち抜いた証左です。年収はおそらく1500~2000万円は最低でもありそうです。

今回はそんな稼げるカッコイイ男である旦那さんについてまとめてみました。結婚に至るまでの馴れ初めエピソードも必見ですよ!

内田恭子の旦那は木本公敏氏!木本公敏取締役は株式会社よしもとゲームスタジオの役員!【大出世エリート】

View this post on Instagram

Kyoko Uchidaさん(@kyoko.uchida.official)がシェアした投稿

2006年にご結婚された内田恭子さんですが、お相手は木本公敏さん。実はこの旦那さん、社会的に成功していて役員まで出世しているのです。木本公敏取締役は、株式会社よしもとゲームスタジオの役員一覧に名前を連ねています(*1)。

ネット上には木本公敏さんが吉元興業株式会社の取締役であるかのような書かれ方がされている記事もありますが、それは不正確です。

*1 株式会社よしもとゲームスタジオは、吉元興業株式会社の子会社です。木本公敏取締役は、子会社役員として取締役に就任されているというのが正確な情報です(吉本興業役員一覧)。

内田恭子さんより3歳年上の旦那さんは現在46歳。関西学院大学(*2)を卒業して、吉元興業に新卒で就職しました。新卒時はペーペーですから、芸人さんのマネージャーとして修業を積んでいました。ダウンタウン浜田雅功さんのマネージャーとしてテレビに出演したこともあります。

*2 関西学院大学は学部によりますが、ざっくりとした偏差値は55くらいです。同志社大学には負けますが、関西の私大の中では高学歴な方の大学です(関西学院大学公式HP)。

大学時代はアメフト部に所属、コテコテの”体育会系”。吉元興業の芸人さんのマネージャー職はかなり人気が高く、相当の就職偏差値です。身長180cm・体重75kgで大柄な体格、顔もシュっとしていてさわやかイケメンですし、就職強者であったことが想像できますね。

入社後はバリバリ仕事をこなし、38歳で役員に昇進!取締役抜擢には若すぎます。仕事が相当できるタフな方なのでしょう。

内田恭子さん(本名:木本恭子)は、ドイツ出身の帰国子女です。2歳の時に日本に帰国しています。才女さながら、慶應大学商学部卒という高学歴を身に着けた内田さんはフジテレビにアナウンサーとして就職します。

キャスターとして報道に携わるだけでなく、バラエティにも幅を利かせていました。結婚後は退社をし、現在はフリーアナウンサーとして活躍を続けています。

これだけ稼げる夫がいれば、内田さんも安心して出産&子育てができたんだろうな…と羨ましくなる方々も多いかもしれません。

しかし、結婚当初は夫・木本公敏さんよりも、妻・内田恭子さんの方が倍近く年収が高かったため、「格差婚」といって冷やかされていたのです。そこからしっかりと挽回して周囲を黙らせた旦那さんは、とてもカッコイイ。

そして、こういった事実から内田恭子さんも、お金目的で結婚した訳ではないことが分かります。お互いを尊重している素敵な関係性なのでしょうね。

View this post on Instagram

12度目の結婚記念日。Thanks for a dozen roses. With lots of appreciation and love. #anniversary #roses #adozenroses #内田恭子 #kyokouchida

Kyoko Uchidaさん(@kyoko.uchida.official)がシェアした投稿 –

そんな2人の馴れ初めは2000年頃、「ジャンクsports」での共演でした。内田恭子さんが木本公敏さんに一目惚れするも、仕事上の関係も障壁になって、これといったアプローチはしませんでした。

月日は流れ、一目惚れから3年後。内田さんがしていた飲み会の席にたまたま木本公敏さんが出席。同じ業界ですから、こういった偶然もあり得るわけです。そして隣同士の席に座ったことから一気に仲良くなり、関係性が発展。2003年春にはお付き合いが始まりました。

そのまま順調に関係を温めていき、2006年にプロポーズ。結婚に至りました。

先程も触れた通り、夫側が当初年収が低かった為に「格差婚」と揶揄されながらも、30代で役員に大出世。夫の年収は2倍にもなりました。通常、結婚を機に男性が伸びるパターンは女子アナの結婚の中では珍しい方です。これこそ「アゲマン」な女性で間違いありませんね!

フジテレビの社内では内田さんならもっと上の男を狙えた…と言われていたようですが、実際のところはこれから爆伸びする未公開株であり、男を見る目はかなり高かった模様。

夫婦の愛の巣は広尾の大豪邸【1億8千万円】

View this post on Instagram

Kyoko Uchidaさん(@kyoko.uchida.official)がシェアした投稿

内田恭子さんと夫は東京都渋谷区広尾にある1億8千万円の豪邸に住んでいるといわれています。フリーに転職した内田アナは推定年収3億円といわれていますし、旦那も1500~2000万円稼いでいますので、余裕のある暮らしが出来ているだろうことは明らかです。

起業家の妻とエリートサラリーマンの夫の組み合わせは羨ましいですね。

日々の生活もセレブそのもの。自宅特集の番組では、豪邸の外観こそプライバシーの観点から秘匿されているものの、内部はそれなりに放送されました。内装も素敵で、ところどころ登場する高そうな品々に視聴者は興味深々。

  • たくさんの高級家具
  • クロムハーツ製のガラガラ

ちなみにクロムハーツ製のガラガラというのは子供のおもちゃです。正式名称は「ベイビーレイトル」といいます。

調べてみたところ、現在の価格は「133,920円(税込)」でした。高すぎません?(笑)

たかが子供のおもちゃといっても、確かに知育を考えたおもちゃは高額のものも多いです。しかしこれは、振って音を出して遊ぶ単なるガラガラ。

稼げる夫婦の子供は恵まれていて羨ましすぎますね…将来が楽しみです。

夫婦で結婚記念日を大切にしている様子が素敵すぎる

内田恭子さんの公式ブログにちょこちょこ出ているんですが、結婚記念日のお祝いの様子がとても素敵。メッセージカードを渡したり、お花を渡したり…。

引用:内田恭子オフィシャルブログ「8th Anniversary」(2013年7月23日投稿記事)

「気がつけば8年前には想像もできなかったような、愛しい人たちに囲まれて毎日を当たり前のように過ごしていることに改めて感謝です。育児と仕事、そして好きでやらせてもらっている活動で本当に余裕のない毎日を過ごしていますが、その当たり前の日常の大切さを忘れずにしなくてはですね。」

これは、結婚8周年記念の時に書かれた内田さんの本人コメントです。温かい内田さんのコメントからは、結婚生活・育児・仕事に充実している様子が見てとれます。旦那の木本公敏さんとも、良好な関係を継続できているのでしょう。

1年程前に始められた内田恭子さんの公式インスタ(@kyoko.uchida.official)には、12年目の結婚記念日に夫から貰ったバラの花束の写真がUPされていました。内田恭子さんは、夫と現在も円満な家庭生活を送られているようですね。

✅ この記事をシェアする