山口いづみの夫は三菱証券マン小坂!息子長男は山口賢人

山口いづみさんの夫三菱の証券マンとの噂がありまして、エリートサラリーマンの高収入男性らしいのです。これは、素顔が非常に気になりますね。

そんな甲斐性ある素敵な男性との結婚生活の中で、息子さんが1人誕生しています。水戸黄門に出演していた有名女優である山口いづみさんの子供はなんと、俳優・山口賢人さん。実力女優の長男もその血を受け継いで、俳優になっていました。その活躍を追ってみましょう。

山口いづみの夫(旦那)は三菱のエリート証券社員・小坂氏か?

View this post on Instagram

Izumi Yamaguchiさん(@greenseasonizumi)がシェアした投稿

1982年に結婚した山口いづみさんの夫は、三菱の証券マンで年収1000万円超のエリート…とひそかに囁かれているのですが、実はこれは単なる噂です。

山口いづみさんが結婚されたときの報道に、「結婚相手は証券会社社員の小坂氏」といった内容の記載がありましたので、証券会社社員であることは事実です。ただ、それが「三菱」なのか否かまでは不明です。どこかで話題になったことが過去にあるのかもしれませんが、現時点ではそれらしき情報は見つかりません。

三菱証券マンの年収は年齢によりますが、平均して1000~2000万円くらいあります。もし本当ならば、なかなか安定した裕福な生活を送っていることになりますね。

もちろん、役員ではなくて社員としてお仕事をしている可能性もありますが、良い年齢であることからもしかしてと思い、三菱証券の役員名簿を調べてみました。

しかし、三菱証券の会社概要に連ねられている役員の名前を見ても「小坂」という苗字の方は一人もいらっしゃいませんでした(cf.三菱UFJモルガンスタンレー証券公式HP 会社概要)。やはり三菱勤務かどうかの確認は取れませんね。

また、夫の小坂氏は一般人ですから、下の名前や顔写真など他の情報はありません。

View this post on Instagram

Izumi Yamaguchiさん(@greenseasonizumi)がシェアした投稿

夫が「小坂」であることからも分かるように、山口いづみさんの本名は「小坂泉」です。1954年10月3日生まれ、渋谷区出身です。所属事務所はエフロード。

学生の頃から劇団に所属していて、子役としても活動をしていたことがありますが、本格的に女優としてメディアに露出するようになったのは高校中退後。「慟哭の花」「大奥の女たち」を皮切りに、1972年頃から女優業をスタートさせました。

当初は「緑の太陽」をリリースするなど、歌手としての活動もありましたが、現在はドラマ出演が主戦場です。もう一つの活動国であるクロアチアでは、歌手としての知名度の方が高いです。

山口いづみさんの息子は長男と次男の2人!子供は俳優の山口賢人だった

山口いづみさんには2人の子供がいます。長男と次男で、いずれも男の子。息子たちも芸能活動をしています。長男は、俳優の山口賢人さんです。

「ハイキュー!!」にてかなりの再現度で出演していた嶋田誠役の爽やか系イケメン俳優さんです。1987年10月12日生まれ、所属事務所はスペースクラフト・エンタテインメントです。

テレビドラマよりも、舞台での演劇をメインに活躍しています。

さらに、母親と同様、俳優業にプラスして音楽活動もしていて、仲良しの塩田康平さんと一緒にBUCKSというバンドを組んでいます。元々は文化祭ノリ的な始まりだったそうですが、あっという間に人気バンドに押し上げられました。

BUCKSでの山口賢人さんの活躍は、母親の山口いづみさんも応援しているようで、自身の公式ブログでとても嬉しそうに度々紹介しています!微笑ましいですね。

長男賢人が、演劇「ハイキュー!!」で共演させて頂いている塩田康平君と「ライブやっちゃう!?」みたいなある時の楽屋話から始まった学祭バンドみたいなスタートだったそうなんですが……大変!こんなことになるなんて!

引用:山口いづみオフィシャルブログ「BUCKS LIVE」(2016年12月18日投稿記事)

BUCKSメンバーの熱量はもちろんですが、
須賀健太さんはじめゲストの方々も本当に楽しんで出演してらしてお客様を包み込んでいた!素晴らしいライブでした♬

引用:山口いづみオフィシャルブログ「BUCKS LIVE」(2019年1月20日投稿記事)

その他、最近では2017年に「イタズラなkiss THE MOVIE 2 キャンパス編」という映画に出演されました。イケてるテニス部部長の役がハマっていました。萌えるファン多数。

祖母の逝去と通夜に参加する山口賢人

2017年10月6日に山口いづみさんの母、山口賢人さんにとっては祖母のおばあさんが亡くなりました。

「91歳老衰でした。老衰での最期です!何も言うことありません。」

引用:山口いづみ公式ブログ「ご報告」(2017年10月13日投稿記事)

と公式ブログにつづる山口いづみさんですが、その介護の苦悩も述べられていました。

「今年に入り脛椎を痛め、足や手の神経に影響が出て、ベッドから車椅子への乗移りもままならなくなり、お箸が使えなくなり、そのうちにスプーンも握れなくなり、柔らかいお食事も飲み込めなくなって…最終的には薬も飲めなくなりました。」

「歌舞伎に行きたい、孫と外出したい、お寿司を食べたい、という母の細やかな楽しみがどんどん奪われてきて…」

「母の気持ちの中では以前のように生活できないイライラや諦めや情けなさの葛藤で、悪魔のような暴言を吐いたり、いい人だったりを繰り返すようになっていきました。」

引用:山口いづみ公式ブログ「ご報告」(2017年10月13日投稿記事)

葬儀は生前の祖母の希望によって、家族葬で静かに身内だけで執り行われました。

「現在「ハイキュー!!」という舞台に出演させて頂いている長男賢人はお通夜のみで葬儀には参列出来ず葬儀が始まる前におばあちゃんの顔を見て声をかけて福岡に向かって行きました。」

「葬儀の日が誕生日だった長男は感慨深い思いだったことだと思います。」

引用:山口いづみ公式ブログ「ご報告」(2017年10月13日投稿記事)

葬儀の当日は、長男・山口賢人さんの誕生日だったそうです。

賢人さんは仕事が忙しくて通夜にしか出られなかったそうです。悲しいお別れですが、葬儀前に顔を見て声を掛けてから出かける姿には、賢人さんのやさしい心が感じられます。

きっと幼い頃、可愛がってもらった思い出があるのでしょう。ご冥福をお祈りいたします。

山口いづみさんの次男はギタリストYutoさん

Yutoさんというのは、通称です。本名は「山口ゆうと」さんでしょうか。ギタリストをしていて、弟も芸能活動をしているんですね。兄の賢人さんとライブで共演することもあるようです。

次男は、RCサクセションのギタリスト仲井戸麗市さんをこよなく尊敬しているそうです。

母・いづみさんのブログにはちょくちょく次男に関する記載が出てきます。これはBUCKSのライブで兄弟が共演したときの母のブログ記事です。なんだか羨ましくなります。

次男Yutoがギターサポートとして出演し、母としてはたくさんのお客様に応援頂く息子たちを見ることができて嬉しい気持ちで一番後ろから楽しませてもらいました。

引用:山口いづみ公式ブログ「息子たち」(2017年6月12日投稿記事)

次男YutoがBUCKS1st.ライブからギターサポートと音作りの手伝いもしていることから、兄弟が仲良く協力し合っている様子を観ることができて、母としてはちょっと違った意味で嬉しさを感じる時間でした。

引用:山口いづみ公式ブログ「リリースパーティー」(2018年7月8日投稿記事)

次男の顔写真が見てみたい方は、山口いづみさんの公式ブログに素顔が登場しているので、見てみてください。「チャボちゃん」と題された2018年2月18日投稿の記事等、ばっちり顔が映っているものがあります。

Yutoさんは顎がかなりシュッとしていて超細身、夜行性の不健康なイメージ(笑)でまさにギタリストの風貌です。

息子の将来をスピリチュアルな人に霊視してもらっていた母・山口いづみ

山口いづみさんは、2015年に女性セブンの企画で、ムロケン(室井健助さん)の霊視相談を受けたことがあります。相談内容は、自分の歌手活動の行く末と息子たちの将来。

引用:山口いづみ 芸能活動をしている二人の息子について霊視を依頼

山口:今、クロアチアやフランス、ポルトガルなど、外国の曲を現地の言葉で歌わせていただいているんです。日本人の私が原語で歌っているということで、すごく歓迎していただいたんですが。このお仕事、続けていっていいでしょうか。

室井:もちろん! 晩年は何をしてもうまくいく「大運線」が出ていますから。お仕事って慣れるより、新しいことをしたほうがいい。何かを覚えるって、とてもいい脳トレ。ますます老化防止になりますよ。

山口:わかりました! あと、成人したふたりの息子のことも聞いておきたいんですが。上の子(山口賢人・27才)が役者をしていて、下の子はミュージシャン(26才)なんです。

室井:上のお子さんは明るい性格だけど、若干飽きっぽいところがあるから、しっかり者の嫁さんをつけた方がいいですよ。下のお子さんは、ちょっと強い面を持っているけれど、心配はいらない。

山口:よくわかります(笑い)。上は「もうちょっと自分を心配したら?」っていう感じなんです。下の子の方が私に似て心配性なんですけど、仕事も含めて、ちゃんと自分で道を開くタイプですね。長男にはしっかり者のお嫁さんですね。よく覚えておきます(笑い)。

終始こんな調子で結構真剣におしゃべりしてご相談をされています。スピリチュアルは好き嫌いがハッキリするものですが、山口いづみさんはそこそこ信じるタイプなのかもしれません。

まあ、仮に信じていなくても、雑誌社からの仕事ですからノリノリのフリをしますよね(笑)

このムロケンなる人物は、三ノ輪橋駅にあるパーラーオレンジという喫茶店のマスターです。亡くなった父親が急に目の前に現れて、”お金を取らずに人々の鑑定をしろ” と告げられたことをきっかけに占いを始めたそうです。

★★★☆☆3.04 ■予算(昼):~¥999

占いを受けるのに「鑑定料」は発生しません。喫茶店内で何か食事をすればOKというルール。胡散臭さMAXですが、予約で数か月先までいっぱいの人気占い師です。

室井:手相が二重三重になっていて昔はあまり健康状態がよくなかったのが視えたのですが、現在の健康状態はだいぶよくなっていて、本当によかった。これからは年を取ることを楽しんで、日本一すてきなおばあさん役を演じていただきたいです。

山口:自分の運命がどういうものなのか、知りたいようで知りたくないようなところもあったんですけれど、「そんなに心配いらないよ」と、後ろから背中を押していただいたような気持ちです。歌手としても女優としても、これまで以上に楽しんでいこうと思います。

鑑定を終えた山口さんは結構満足そうでした。鑑定でのやり取りを通じて、すごく心配性な母親像が浮かんできましたね。息子たちに幸せになって欲しいと願う親心が垣間見えます。

この占い企画は2015年のことでしたが、その後次男は音楽で、長男は音楽と俳優業でしっかりと活躍されてますし、あながち占いも間違ってなかったようです。

あとは素敵でしっかりとした奥さんをもらうだけですね(笑)

✅ この記事をシェアする