蝶野正洋が痩せすぎて心配…プロレス休業と糖尿病【実質的引退】

2017年に休業宣言をしてからというもの、痩せすぎて心配されている蝶野正洋さん。復帰の可能性は「0」とすら言われるレベルです。これは心配。

実はプロレス休業は、体の病気が原因だったようです。

蝶野正洋が痩せすぎ【現在の姿】2012年から糖尿病→プロレス休業との関係は

これは、現在の蝶野正洋さんの姿です。随分痩せ細ってしまったことが写真からも一目瞭然です。蝶野さんの身に何がおきているのでしょうか。

2013年11月の武藤敬司×蝶野正洋「闘魂三銃士の25年」で、2012年頃から糖尿病を患っていたと告白しました。

インタビューで武藤さんがヒザは悪い上に、酒も飲むため肝臓の数値が気になると、明かした際に実は俺も去年から糖尿の治療に専念してた。試合数が減ると血糖値も上がっちゃって。

でも、今はすごくいい治療法が開発されてて、専門医の勧めを聞いて薬ずっと飲んでたら数値が平常に戻ったけどね。と明かしていました。

2012年に、糖尿病を患っていた事を告白されています。確かにプロレスラーの食事は凄い量を食べられていますよね。体動かさなければ血糖値は上がる一方です。糖尿病は合併症も考えると恐ろしい病気です。治療に専念されるのは当然ですよね。

蝶野正洋さんは、2014年4月13日の道頓堀プロレス大阪大会を最後にリングに立っていません。2017年3月に、プロレス休業宣言をして話題になりましたね。

休業する理由については、3年やってないし、言う機会もなかったからこうして宣言する。アリストトリストの経営があり、タレント的な活動もスケジュールが詰まっている。

並行してやっているのが社会貢献活動として消防の応援もある。

3年リングに上がっていなかったので、多くの心配の声が寄せられたのでした。現役時代よりだいぶ細身になりました。

真実は分かりませんが、経営やタレント活動を増やしたのは、病気で身体的にキツくなったから…という可能性も考えられます。蝶野正洋さんがテリー伊藤さんとした対談の一部をご紹介します。

昔のような形では無理でしょうね。以前は体を1、2年休めれば、またリングに上がれるんじゃないかと思っていたんですけど。だから、タイミングを逃しちゃいましたけど、実質的には「引退」です。

この際に「実質的な引退」を語られています。ファンの方には衝撃が走りましたよね。タイミングを逃したのは、リングへの未練があったからかもしれません。

あれだけ活躍していたレスラーですから、戻りたいという気持ちは強かったと思います。また左目の異常も告げられていました。

それにもうずいぶん前からですけど、試合をやっていると、左目の焦点が合わなくなってきたんですよ。ちょっと疲れてくると、斜視になっちゃうんです。試合中に実際そうなっちゃったんですよ(笑)

2005年の「G1 CLIMAX」決勝で藤田(和之)選手と対戦した時に、彼の膝が目に入っちゃって。そしたら彼の姿が何重にも見えてきて。ランニングをしたり、体を激しく動かしちゃうとダメですね。

この前、らせん階段を昇っていたら目を回しちゃって、もう笑い話のレベルですよ。ロープに走ろうと思ったら3本のはずのロープがもっと多くに見えたんです。

糖尿病だけでは無かったのです。あれだけ激しい動きをするプロレスですからね。ロープが何本にも見えたら、次の動作にも影響が出るのは当たり前の事。

試合をしていない時のらせん階段で目を回すレベルですから、相当悪くなっているはずです。

やはり試合をする場合には、一歩間違えると大ケガにつながりますから、前から眼科に行って手術をお願いしていたんですが、お医者さんには「まだそこまでのレベルじゃない」って言われるんですよ。

まったく目が見えないとか日常生活に差し支えるレベルでないとダメだそうで、結局そのままできちゃっているんですけどね。

お医者さんの手術は、普通の生活をする上で必要かどうかが判断されるんですね。本人が希望しても受けさせてくれないということは、かなり大掛かりでリスクのある手術なのだと考えられます。

確かに目の手術は怖いですよね。最悪何も見えなくなるかもしれないですし…。だからこそリスクを避けてお医者さんも行わなかったのでしょう。

痩せたから糖尿病の治療が進んでいる、回復していると単純には考えられません。糖尿病が悪化した場合もブドウ糖が尿と一緒に排出されてしまい、痩せてしまうのです。

上の写真を見た時に多くの方が、切なく思ったことでしょう。改めて糖尿病の恐ろしさを感じた写真です。健康のために痩せたというレベルではないと思います。おそらくですが、病気のためにここまで痩せてしまったのではないでしょうか。

蝶野正洋さんは、相手の方を気遣える優しい方で有名です。だからこそファンの多いプロレスラーだったと思います。この姿がもう見れないと思うと残念で仕方ありません。

✅ この記事をシェアする