川越シェフの今は【水800円/水事件】現在干された理由と店閉店理由2019

川越シェフの今はどうなったのでしょうか?水800円事件などがきっかけで、すっかりテレビでは見かけなくなってしまいました。

一等地に建っていたレストランは現在閉店したらしいですね…詳細を調べてみました。

川越シェフの今は…店閉店の理由【2019年現在】

テレビで大活躍をされていた川越シェフですが、最近ではあまり見かけなくなりましたね。経営していた5店舗は全て閉店しています。

経営していたお店が5店舗もあったことにまず驚きですよね。当時はかなりブイブイ言わせていたものです。割とイケメン(?)だったこともあり、2010年頃から辛口コメンテーターとして活躍。コラボ商品も多く販売されていた頃が懐かしいです。

店閉店の理由については、多くの料理研究家の方々がコメントをしています。

料理ライターを名乗る友里征耶も、

「私は1度、店を訪れましたが、料理はデパ地下の総菜レベルきちんとした店で修業していないのだから無理もありません。多分、ご本人もそれを理解しているからこそ、味ではなく雰囲気で見せているのだと思います。

テレビ受けがいいのは、しゃべれる料理人は珍しいからでしょう。芸人とトークできる“プロ”の料理人はいませんから」と推測している。

幅広い活動に対し「手を広げ過ぎではないか」という料理界関係者の意見も多い。

View this post on Instagram

mikaさん(@mika0809y)がシェアした投稿

今までの”料理人”のイメージをガラリと変えるような活動でした。だからこそ、あれだけ爆発的に流行したことも事実です。同業者からの批判をはねのけ、従来の料理人がやったことのないポジションを切り開いたことは非常にすごいことです。まさに起業家。

冠番組を多く持っていたことにも納得できます。しかし、肝心の料理の実力がイマイチだったという話もありました。当時、確かにお店は繁盛していましたが、それは実力不足を”人気”でカバーできているにすぎない状態だったのでしょう。

そのことを自分で認識していれば、その後の成長もあったのかもしれません。人生、波に乗り始めたら、調子に乗ってしまうものですもんね…。

現在の仕事として、何をメインにやっているのか気になるところではありますが、なんと「宅配ビジネス」でかなり上手くいっておられます。まずは、店閉店の歴史を追ってみましょう。

川越シェフの店閉店年表(2000~2019)~高級レストランの始まりと終わり~

さて、川越シェフの店閉店の変遷をまとめてみました。哀愁漂う年表となっております。

<2000年>『ティアラ・K・リストランテ』開店→閉店

コンセプトは「ジャンルにとらわれないイタリアン」。”イタリアン” を食べにくる人はイタリアンが食べたいからそのお店にくるわけなのですが、ジャンルにこだわらないことを打ち出していたので、その辺は気にしないことにしていたのかもしれません。

これを機に借金が膨れ上がり始めます。飲食店の立ち上げはそういうものですので、この段階では指して気にすることではありません。

<2006年>『TATSUYA KAWAGOE』に店名変更、代官山へ移転

有名シェフが経営するお店として流行り始めます。すっかり予約の取れないお店へと成長しました。当時は、2ヶ月先まで予約がいっぱいだったようです。現在は閉店しています。

<2013年>白金『プラチナ』、渋谷『ピンク』を開店→閉店

段々よく分からなくなってきましたが、「プラチナ」は”男性的な骨太フレンチ”がコンセプト。「ピンク」は”女性的なイタリアン”がコンセプトです。

自分の理想を追求していたのかもしれませんが、客商売である以上、”求められているもの”を提供しなければ流行りません。両店舗とも閉店。

<2016年>居酒屋『ぴりり』(宮崎)を開店→閉店

地元の宮崎に居酒屋をオープンしました。イタリアンにこだわっていたのに、ここにきて居酒屋にも挑戦。もちろんこだわりあるお店でしたし、地元での開店ということもあって、気合は入っていたはずでしょうが、残念ながら閉店。

イタリアンやフレンチ、さらには宮崎県の居酒屋まで展開したお店を開いていたのですが、ほとんどが閉店している状態です。

いろんなところに手を出しすぎていましたし、イタリアンならイタリアンだけに絞ってお店を展開すれば良かったのではないのかなと思ってしまいます。

<2017年1月>『PLANE FARM TATSUYA KAWAGOE』お取り寄せオンラインショップ

実店舗はついにすべて閉店。2017年にようやく時代に追い付いて、オンラインショップ「プレーンファームタツヤカワゴエ」をオープンしました。

川越シェフの地元の宮崎県の野菜や果物の宅配サービスです。産地直送で自宅に届けてくれるサービスです。現在の川越シェフは、料理を提供するだけではなく、地物・宮崎の食材を提供しているんですね。

今までとは一味違ったコンセプトです。

川越達也シェフと宮崎県の農家さんがコラボレーションし、宮崎の美味しい野菜を農場から直接皆様のご家庭までお届けする「農場直送お届けサービス」を始めさせていただきました。

オンラインショップは結構上手くいっているようです。料理系のイベントにも度々顔を出したりしていて、積極的に活動しておられます。

こんな風に一般ファンと記念撮影に応じたり、周りを大切にするようになったみたいですね。人生に数々の失敗を重ねてきた川越シェフですが、厚みが出てきて、ますます素敵な男性になってきた…気がしますね!

川越シェフが干された理由【水事件】水800円問題

川越シェフのことを調べると「水800円事件」というワードがでてきます。一体、この事件とはどのような概要だったのでしょうか?

「いいんです、別に有料の水でもいいんです。あたしが必要で頼んだなら。何も聞かず、勝手に入れて、結果二人呑まずに、で、800円かい?」

「食べログ」の口コミサイトに書き込まれた内容です。頼んでもいないのに、水が出てきてその料金が800円だったという内容だったのです。一般的には水はサービスで無料というイメージがあります。そのため、お金を取られた事にびっくりしたのでしょう。たしかに、頼んでいない水で800円も取られたら驚くかもしれません。しかし、この口コミに対して、川越シェフが反論しているのです。

川越シェフは、グルメ評価の口コミサイトに対し「くだらない」と考えており「水だけで800円取られた」という自身の店への批判に対し、レストランでいい水を出しているんだから当たり前だと発言しました。また、「年収300~400万円の人が高級店に行って批判を書き込む」といった発言もありました。

川越シェフからしてみれば、水で800円は当たり前なのかもしれません。でも、それって高級料理店に行き慣れている方の考えですよね?一般庶民にとってみては、800円の水はびっくりします。この「貧乏人はお断り」みたいな発言に世間からは多くの批判があがりました。

年収300~400というのは、一般的なお客様を表現したということで、バカにしたというような意味合いではない。僕も調子に乗ってテンション上げて話した記憶はある。活字になって、「あ~やり過ぎちゃったかな」と反省している。全部、僕が悪い、生意気だった。

と謝罪の文を自身のブログに掲載し、事件について謝っています。しかし、この事件のせいで、川越シェフのイメージが下がったことは事実です。

川越シェフの顔面崩壊の理由「渋谷流血事件」

川越シェフはまたもや事件を起こしていたのです。

川越シェフは、後輩から「渋谷で飲んでいるから来てほしい」と誘われたのでお店に向かい、少し過ごした後、自分がお会計を全て払って帰ろうと思い歩き出したのですが、そこにガラスのドアがあったことに気付かず、顔面を強打したそうです。そのとき、16針も縫うほどの傷を顔面に負い、顔の腫れが引くまで数か月かかったそうです。

この顔面はやばいですよね。想像以上でびっくりしました。これはかなり痛そうです。この顔面崩壊をしていたため、テレビの出演も控えていたと話していました。しかし、テレビへの出演が減ったのは、この怪我だけではないような気もします。先ほど記述した「水800円事件」のせいで、テレビでの露出が減ったのだと思います。この顔面崩壊事件はただの言い訳にしか聞こえないです。

川越シェフにはもっと、違った形で頑張って欲しいです。テレビの露出は控えてこれからは本職のほうで汚名返上をして欲しいですね。今後の活躍を期待しています。

✅ この記事をシェアする