菊池雄星の嫁のカップと二の腕【画像】体についてまとめてみた件

西武・菊池雄星選手の嫁・深津瑠美さんのカップや二の腕が素晴らしく、ナイスバディで良い体だと、多くの人から羨ましいとの声が寄せられています。

おっさん
カップや二の腕の絶妙な仕上がり、素晴らしいと思いませんか?みなさま。
おばはん
本当に気持ち悪いわね。

西武・菊池雄星の嫁/カップと二の腕、体の話【画像写真多数アリ】

本当にスタイルが良いです。美人元アナウンサーとだけあって、その美貌は折り紙つきですね。

話題に度々のぼる体のスタイルだけではなく、普通に顔も美人です。アナウンサー顔で、整った顔立ちです。

カップについて

また、深津瑠美さんのカップ数が気になる人も多いようですね。CカップかDカップくらいだと思いますが、正確な情報はありませんでした(当たり前か)

  • B85
  • W58
  • H85

ということでございまして、深津瑠美さんのスリーサイズについてはなぜか公表されているのですけれども、カップ数まではさすがにあくまでアナウンサーですので情報はないです。

身長は160㎝です。身長はそれほど高くないので、モデルとしてはそこがイマイチだったのかもしれません。ちなみに体重は非公開です。

しかしながら、こんなスリーサイズで160cmもあれば、かなりのナイスバディな美女ですよ。そりゃ人気があったのも分かります。

「女子アナウンサーの二の腕」というだけでちょっとしたときめきを感じるキーワードですけれども、深津瑠美さんの二の腕が分かる画像もありますのでご覧ください。

二の腕について

ノースリーブを着ているときの画像です。

実に可愛らしい二の腕ですね。ほんの少しだけムチっとしていて、かといって筋肉質すぎず、フカフカしてそうな二の腕です。

深津瑠美さんの二の腕ファンもいるでしょうね。え?

二の腕を露出したノースリーブの画像が多数見つかっていることからも、ご本人も二の腕には自信があるのだと思います。

そうでなければ、こういう服は着られませんからね。普通、ノースリーブを着ているときは、薄手のカーディガンや羽織をはおるものですし。

おばはん
真夏の暑い外でならまだしも、室内で二の腕をそのまま丸出しにしておく、っていうのは自信がなければあんまりしないものね。

やっぱり競争率があまりにも高い女子アナウンサーになれるような人材ですから、そりゃプロポーションもモデル並みなのは当たり前なのでしょう。

ナイスバディなのもうなづけます。というか、そもそも深津瑠美さんは元読者モデルでしたね。大学生時代に「Ray」で読者モデルをやっていたのが、芸能界との最初の接点です。

スタイル抜群の体、そして整った顔立ちだった深津瑠美さんは当時、「美人すぎる女子アナウンサー」として有名になっていた人物でした。

そのため、(顔立ちとしては申し訳ないが確かにイマイチである)菊池雄星さんとの結婚報道があったときには、世間では上記のようなイマイチな反応が多かったです。

おばはん
これは、多くの嫉妬が混じってるわね。

菊池雄星さんの猛アタックによって結ばれるようになったお二人ですが、その結婚について、容姿の不釣り合いから様々なことがささやかれるようになってしまいました。

その最たるものが、”金目当ての結婚” です。

おっさん
美女って大変なんだな・・・世間からいらないことアレコレ言われる。

菊池雄星の嫁は金目当ての結婚か?→ブログから分かる献身さ…菊池の猛烈アタックから始まった恋愛

菊池雄星さんの嫁として、一番多くささやかれるのが「金目当ての結婚」という説です。余計なお世話きわまりない話ですよね。

おばはん
顔面偏差値に差がある人同士の結婚があると、こういった話題が出てきちゃうのよね。みんな好き勝手な妄想で、噂をするのよ。

菊池雄星さんに比べて、深津瑠美さんがあまりに美人すぎますから、深津瑠美さんは金目当てなんじゃないの?と言われてしまうようになりました。

▲深津瑠美の夫・菊池雄星選手

しかしながら、それは批判している人が勝手に妄想して喋っているだけです。

深津瑠美さんのブログからは、夫・菊池雄星を献身的に支えようとする姿勢を感じ取ることができます。

こちらは深津瑠美さんのオフィシャルブログ(LINE BLOG)2017年2月3日に投稿された実際の記事です。

菊池雄星の嫁が金目当てで結婚というのは少々稚拙な言いがかりでしたが、実際のところ、菊池雄星のお嫁さん深津瑠美は献身的に旦那を支えています。

今年2月には自身のブログで仕事の合間合間に勉強をして、スポーツ栄養の資格を取得したことを公表していました。

アスリートの嫁は夫の体調管理がまず一番の役割です。その中でも食事の管理は徹底しているようですね。

おばはん
夫のために、栄養学の資格を取るなんてかなり献身的な奥さんじゃないの。金目当てだなんてとんでもないわね。
おっさん
だとしても、やっぱり容姿の不釣り合いは気になるよなぁ、、深津瑠美さんは菊池雄星さんのどこに惹かれて惚れたんだろうか
おばはん
あんた自分の容姿を棚に上げて、ほんと失礼なことばっかり言うわね。でも、その質問、ご本人にぶつけちゃったヤバい記者が過去にいたわよ。

超美人のキャスターが雄星のどこがよくて結婚したのかという質問に「顔ではないと思いますけど…。素直なところとは言ってくれます」

さすがに失礼すぎる質問ですが、多くの一般庶民が疑問だったということで、代表して聞いてくれたのかもしれません。

菊池さん自身、「顔ではないと思いますけど…」と述べている通り、本人たちも色々と分かっているわけです。

結婚に限らず人間関係でも、ステータスが不釣り合いの場合は関係性が長く続きません。必ず縁が切れます。

菊池さんは確かにイケメンではないかもしれませんが、西武で活躍中の現役野球選手です。そのステータスが持つ実力は、深津瑠美さんレベルの美貌ときちんと釣り合っています。

もちろん容姿は持って生まれるものですから改善にも限度がありますけれど、職業や経済力など、後発的な頑張りで手に入れられるものをきちんと手に入れている男性は、どう考えても魅力的に決まってるじゃないですか。

おばはん
「ブサイクと結婚するなんて、金目当てだろ!!」なんてほざいてるペラッペラなオトナにはなりたくないものだわね。

そもそもこの2人、菊池雄星さんが深津瑠美に猛烈にアタックし、それに根負けしてお付き合いになったわけです。

元々菊池雄星は深津キャスターのファンだったようで、猛アプローチをかけていたそう。

だが、深津キャスターは自身がスポーツ番組に出演しているため「仕事とプライベートを一緒にしてはいけない」という思いから、菊池雄星の誘いを断っていたという。

「やっぱり女子アナは野球選手を捕まえるんだなww」とかって、やゆされていた深津瑠美さんですけど、めちゃくちゃしっかりしてたわけです。

金目当てだったら自分からアタックしに行くはずですし、かたくなに断り続けていたというのですから、なおさら金目当てではないですよね。

(深津キャスターが出演する)MLBの番組を見るようになって会いたいなと。2年くらい言っていたんだけど断られ続けて、2015年11月に共通の知り合いに頼んで”1度だけ”とOKをもらった。

出会ってからつき合うようになり、2016年3月の開幕前にプロポーズした

テレビ局に知り合いがいてその方を通じて食事会をセッティングしてもらったらしい、という話がありますが、いずれにせよ菊池雄星さんの執念が実を結んだんですね。

約8か月の交際期間で、2016年6月に結婚に至りました。婚姻届は深津さんの誕生日に提出されました。

お2人は純粋に恋愛をしていたのでした。いい話じゃないですか。

菊池雄星の嫁はあげまんだった/年齢が上の姉さん女房は野球選手の成功の秘訣「打たれないエース」誕生

深津瑠美さんは金目当てどころか、かなりの「あげまん」な嫁なのです。というのも、結婚してからの菊池雄星選手の成績が急上昇しているのです。

被打率は12球団トップの1割4分2厘。過去のシーズン被打率ベスト10に名を残す沢村栄治、スタルヒンらを超え、トップの景浦将に迫る驚異的な数字だ。「打たれないエース」が引き寄せた流れに乗った。

年上女房は野球選手の成功の秘訣だとささやかれています。深津瑠美さんの年齢は32歳 (1986年6月24日生まれ)、菊池雄星さんの年齢は27歳 (1991年6月17日)です。

深津瑠美さんは、年齢が旦那よりも5歳年上の姉さん女房です。野球界の大御所たちも、姉さん女房を持った方が良いとよく言ってますよね。

登板数が異なりますので、一概に比較はできませんが、結婚した2016年以前、2015年シーズンまでは年間10勝したことがなかった菊池雄星。

シーズンを通じて20登板以上しているのは2014年シーズンからですが、2014年が5勝11敗、2015年は9勝10敗と負け越しています。

で、結婚してからの2016年シーズン、2017年シーズンはといいますと、2016年が12勝7敗、2017年が16勝6敗

防御率も1.97と過去最高の数字を記録。

このように、結婚前と結婚後で明らかに成績が変化しています。負け越していたのが、勝ち越すようになりました。これこそ、美人な奥様の影響でしょう。

結婚当初は成績が低迷してる最中だったので、「そんな時期に結婚して家庭を持っちゃって大丈夫なのかよ」みたいなことを言われていた菊池雄星選手ですが、そういう戯言を勢いよく全てはねのけてくれましたね。

深津瑠美さんは完全なるあげまん女性です。ブログでも書かれていた通り、スポーツ栄養の資格を取るなど、体調面を徹底的に支えてくれていたことは間違いないはずです。

他にも、野球選手のあげまん女性として有名なのが、田中将大選手の嫁・里田まいさんです。もうこれは、言わずもがなな成績なわけです。

反対に、松坂大輔選手の嫁・柴田倫世さんはさげまん女性と言われてしまっていますね。

error: Content is protected !!