フィギュアスケート選手の木原龍一さんと三浦璃来さんは「りくりゅうペア」として有名ですよね。

息ぴったりの美しい演技に心惹かれるファンも多いです。あまりに美しいカップルなので、プライベートでも付き合っていて、結婚目前なのでは?という噂も流れています。

今回はりくりゅうペアの熱愛疑惑について、徹底的に調査しました。

三浦璃来はまだ結婚していない!

出典:毎日新聞

ネット上では、りくりゅうに熱愛&結婚間近疑惑がありますが、木原龍一さんと三浦璃来さんは結婚していません

フィギュアスケートでペアを組んでおり、プログラムの中で演技として愛情表現をしたり、まるで恋人同士のようなパフォーマンスをすることがありますよね。

元々、三浦璃来さんと木原龍一さんは顔見知り程度で特に話したこともありませんでしたが、ペアを組んでみたら、かなり相性がよかったとコメントしていたことがあるそうです。

演技での好調を見せつつ、お2人のSNSでは仲睦まじいプライベートの様子も投稿されています。

こういったことから一般視聴者の中には、実は交際しているのでは?と感じてしまう人も多いようです。

三浦璃来の結婚相手と噂される木原龍一との関係

出典:メーテレ

三浦璃来さんと木原龍一さんは、熱愛を噂されているものの、交際宣言をしたことは一度もありません

ラブラブに見えてしまいますが、あくまでフィギュアスケートペア競技のパートナーに過ぎません。

交際すらしていないとのことなので、もちろん、木原龍一さんが三浦璃来さんの結婚相手という噂も間違ったものでした。

三浦璃来の結婚相手が木原龍一と噂されている理由

木原龍一さんが三浦璃来さんの結婚相手になるのではないか?といわれるのには、いくつもの理由があります。交際の匂わせっぽい情報が複数あるので、ご紹介します。

匂わせ①SNSのプライベート写真

出典:Instagram

ぺア競技中だけでなく、プライベートでも仲良くしている様子が伺えます。

スケートリンクの外でも腕を組んだり、肩を寄せ合ったりしている様子を見ていると、付き合っているのではないか?と想像してしまいますね!

三浦璃来さんの公式SNSを見ると、仲睦まじい木原龍一さんとの写真がたくさんアップされています。

匂わせ②香水のプレゼント

出典:Instagram

2021年8月22日に、三浦璃来さんは木原龍一さんに誕生日プレゼントとして、香水と欲しがっていた盆栽のレゴをプレゼントしたことをインスタで報告しました。

仕事仲間に誕生日プレゼントを贈ることはありますが、「香水」をあげることはほぼあり得ないですね…。ビジネス関係で特に仲が良い方だったとしても、香水を差し上げるのには、なかなか抵抗があります。

りくりゅうは、香水をプレゼントできるほど深い関係性にあるということですね!

プレゼントをした後日、三浦璃来さんは「練習の時に龍一くんからこの香りがした」「嬉しくてニヤけました」とコメントしています。

まるで、彼氏につけて欲しい香水をプレゼントした彼女のような反応です。

こういったやり取りを見てしまっては、2人が交際しているのでは?と思ってしまうのも仕方ありません。

匂わせ③体が密着していることが多い

出典:Number web

フィギュアスケートのペア競技となると、体が密着する演技がたくさんあるのはわかってはいるものの、演技以外の場面でハグをしたり、ボディータッチが当たり前にされている様子を見ると、本当に付き合っているのではないか?と考えてしまいますよね。

実際、スケートリンクの外で密着しているシーンはたくさん見られます。

匂わせ④クリスマスを一緒に過ごしている

出典:日刊スポーツ

2021年のクリスマス、りくりゅうペアはカナダで一緒に過ごしていました。

通常、家族や恋人と過ごすことが多いクリスマスなので、それだけ2人の関係性が深いということが分かります。

キムチみそ鍋を作って一緒に食べたそうです。9割方、木原龍一さんが料理されたようですが、三浦璃来さんは「野菜切りました、私!」とアピールしており、仲の良さが伺えました。

三浦璃来さんと木原龍一さんは9歳の年の差があるので、年上彼氏が年下彼女のために一生懸命リードしているみたいで素敵ですよね。

匂わせ⑤ホテルで一緒にゲーム

「ホテルで試合前に何をしていますか?」という記者からインタビューに対して、いつも一緒にゲームをしているとコメントしていました。わざわざゲーム機を持って行って、一緒にしているそうです。

スイッチで大乱闘スマッシュブラザーズをやったり、サッカーのFIFAをプレイしたりするそうです。

三浦璃来さんは結構ゲームが弱いらしく、木原龍一さんはよくボコボコにしていたそうです。

楽しいエピソードですが、あまりやりすぎると三浦璃来さんの機嫌が悪くなってしまうそうで、ほどほどに適度に手を抜いて相手をしているんだとか。

そんな木原龍一さんについて、三浦璃来さんは「接しやすくて、本当に2人で一緒にいて楽しい」と語っていました。

スケートでも一緒なだけでなく、プライベートでも一緒に過ごしているんですね。ホテルの部屋でゲームをしているなんて、やっぱりカップルですよね。

匂わせ⑥自然と動きがシンクロしている

出典:Number Web

三浦璃来さんと木原龍一さんは、シンクロ率も高く、息ぴったりです。

プロだから練習して合わせてるんでしょ?と思われるかもしれませんが、練習しても相性が悪い場合、息が合いません。

実は、木原龍一さんは平昌オリンピックの頃、別の選手(須崎海羽さん)とペアを組んでいましたが、不調でした。1年ほどでぺアを解消することになり、それだけではなく、自身のフィギュアペア競技に対する適性まで信じられなくなり、引退すら考えるまで追い込まれていました。

そんな状態の時に、アイスダンスの小松原美里さんの紹介で、三浦璃来さんと出会います。まさに運命的な出会いで、初めて一緒に滑った瞬間から、圧倒的な良い相性を感じたそうです。

片方がもう片方に合わせて滑るのではなく、お互いがそれぞれ自然に滑った状態で既に合っているような状態です。

自然な状態で滑っただけで合うなんて、お互いがお互いにとって最高のパートナーですよね。シンクロ率が高いこともうなずけます。

匂わせ⑦とにかくハグやボディータッチをしてる

出典:X
出典:Instagram

三浦璃来さんと木原龍一さんは、とにかくハグとボディータッチをしています。

通常は付き合っていなければ、ここまで体が触れ合うコミュニケーションは取りません。

視聴者は、イチャついているようにも見える2人にときめいてしまうことも多いようです。交際していると勘違いしてしまっても、仕方ないような気もします。

匂わせ⑧「僕のこと好きにならなくていいよ」

https://twitter.com/aoiii_118/status/1209451747485179904

木原龍一さんは、三浦璃来さんとペアを組んだ当初、「僕のことを好きにならなくていいよ」と伝えたそうです。

ペア競技は愛情表現や、恋人同士のような演技が求められることが多く、気持ちから作らなくてはならないと本当に好きにならなくてはと思い詰めてしまう選手もいるようです。

9歳も年下のまだまだ若い三浦璃来さんが、そういったプレッシャーで押しつぶされてしまうことのないように、気遣って伝えてくれた言葉でした。

とってもやさしい気遣いですね。三浦璃来さんは、木原龍一さんがこのように言ってくれたと祖母に話していたそうです。

きっと木原龍一さんの優しさが響いて嬉しくなって、身近な人に報告したのでしょう。

匂わせ⑨待ち受け画面を知っている

出典:Instagram

木原龍一さんは、三浦璃来さんのスマホの待ち受け画面を知っています

発端は、記者に試合のモチベーションは何か質問された時。2人は普段、油ものを控えていて、試合がひと段落したら食事を楽しみにしているそうです。

その話の中で、木原龍一さんが「三浦璃来さんの携帯待受けがファーストフードの画像になっている」とふざけて明かしました。

三浦璃来さんは「何でばらすの!」と突っ込みながらも、正確には「ピザ」の画像であることを付言。団体戦でメダル獲得した後に、ピザを食べるのが理想だと語りました。

待ち受け画面を把握しているくらい、普段一緒にいる時間が長いのですね。ちなみに、ピザは北京オリンピックの後に一緒に食べたそうです。

三浦璃来の結婚観と結婚願望

三浦璃来は公の場で結婚観について語ったことはありません。まだ20代前半で若いですし、真剣に競技に取り組んでいる最中なので、結婚のことは今の段階ではほとんど考えていないのではないでしょうか。

結婚願望がないわけでは無くて、結婚願望はあるけど今ではないと考えているのではないかと思います。

木原龍一さんの方もまだまだスケートで成果を出すことに専念しているので、タイミング的にも、今は結婚を考えてはいないと思われます。

三浦璃来はいつ、木原龍一と結婚するの?

女子フィギュアスケート選手の選手生命はかなり短く、早い人で20代半ば・遅くても20代後半には引退する人が多いです。その年齢に近くなったら、三浦璃来さんも結婚を意識し始めると考えられます。

三浦璃来さんの頭に引退がよぎり、結婚を意識し始めたタイミングに至ってもなお、木原龍一さんが傍にいた場合、非常に濃厚な結婚相手候補となるはずです。

タイミングとしては、2030年頃でしょうか。三浦璃来さんと木原龍一さんが結婚する可能性は十分にあると考えています。

まだまだ先のことにはなりますが、期待して嬉しい報告を待ちましょう!

◆こちらの記事も読まれています