カンニング竹山の借金地獄と債務整理秘話【数千万円!?】

カンニング竹山さんは、借金地獄に苦しんでいたことで非常に有名です。それどころか、現在進行形で数千万円の借金の抱えているとテレビ番組で公表していました。

芸人という職業は厳しい職業で、仕事で売れる前はえげつないバイトとの掛け持ち生活で極貧を味わう人がかなり多い職種。竹山さんもかなり苦労してきたようです。

おまけに、若い頃はあまりにも社会のことが分からなかった故に、闇金方面へと手を出してしまったこともあったそうです。私たちも気を付けなければなりません。芸能人の失敗談から学んで、自分に生かしましょう。

カンニング竹山の借金地獄

お笑い芸人になる人のほとんどがバイトをしながらで始めるはずです。カンニング竹山さんも、そんな芸人の一人でした。

カンニング竹山さんの借金地獄の片りんは、受け継いだ血筋に見え隠れしています。

本人が語ったところによれば、竹山の父親は不動産事業を行っていた。

幼稚園にベンツで送り迎えされるほど父の事業は順調だったが、父の会社が倒産すると一転して、借金取りに追われる生活になる。

そして、父の死後、13億円もの借金を肩代わりする羽目に。結果的には相続を放棄することで難をのがれることができた

竹山の幼少期は、お坊ちゃんだったようですね。いくら事業が上手くいっていてもベンツでの送り迎えはどうなんでしょうか。

この幼少期の頃の生活態度が竹山の人格形成になったのかもしれません。まあこれは借金と言っても放棄すれば終了なので、あまり気にしなくても良いですけどね。

カンニング竹山さんは20代後半の段階で、債務整理をしています。「しくじり先生」に登壇し、その体験を発表していました。

今回は自分の借金です。親のとかではなく自分で借りたお金の事になります。債務整理までしたという事は相当大変だったようですね。

裁判所での債務整理秘話

この頃の竹山さんは、いろいろとナメていた時期ですので(笑)簡易裁判所でも怠惰な態度でした。収入事情とか生活の様子など、すべて明らかにしないといけないのですが、委員のおじいさんに対して、不遜な態度をとっていました。

おじいさんはそんな竹山さんの甘さを見抜き、

「あのさあ! 芸人だというのなら何か芸やってみなさいよ!」と、竹山を一喝。これに気分を害した竹山はムキになって「ぺろんちょ!」と即席でネタを披露した。

ひどすぎw おもしろくなければ、気合いも入ってないですよね。

しかし、おじいさんは竹山の芸人としての気概が見えなかったようで「バカヤロー! 裁判所舐めるんじゃないよ!」

「 君が人生をやり直したいって言うから、我々は時間を取って、税金使ってやってるんだ! 何考えてるんだ君は!」

と、大声で怒鳴りつけたというのだ。

竹山さんはこの大声を聞いてすぐに心が折れ、号泣したそうです。おいおい。きちんと謝った竹山さんの姿を見て、おじいさんは、

反省した竹山をみたおじいさんは「君の涙は本物だから、もう一度やろう」と腰を上げて、各金融業者との交渉の手助けをしてくれた

叱ってくれる大人は稀有な存在です。しかも他人ともあればなおさらそうです。叱ったところで、激高して逆切れする人もいるわけですし、受け止めてくれない人ばかりです。

「このまま手続きを進めてあげてもこの人を甘やかすだけで、何にもならない」と思ったからこそ、厳しく教えてくれたのでしょう。こういう素敵な年配者になりたいものです。

いったいなぜ債務整理するほど借金をしてしまったのでしょうか。

売れない芸人時代ですから、生活費に苦しんでいたのかな?と思ったのですが、どうやらそうではありませんでした。

しくじり先生の中で発表されていた借金理由を見る限りでは、世間知らずすぎる内容。お坊ちゃん育ちで、社会の怖さと残酷さが見えていなかったのでしょうね。

芸人は借金してるのがカッコいい『借金は芸の肥やし』『芸の為に借金して遊べ』といった風潮を真に受けていた。

メガネや衣服、焼き肉などの飲食、ギャンブル、後輩へのおごりなど

「芸の肥やし」…といった話は芸人によく聞く話ではあります。しかしながら、さすがに古くて非論理的な話と言わざるを得ません。生活費ならまだしも、服飾や不要な外食、見栄のために借金をするなんて、どうしようもありません。

最終的に債務整理までして払えなくなっちゃているわけですし、他人に金銭的迷惑をかけて肥やされる芸なんてゴミみたいなものだと個人的には思います。

子供の頃のお金持ち気質が、染みついていたのかもしれませんね。

竹山『借金できるのはすごいこと』

番組の中での口ぶりを見るに、かなり当時は借金に対して肯定的な印象を持っていたようです。そりゃ借りまくってしまうわけです。芸人の”勲章”かのように考えていたみたいで、よっぽど古臭い昭和男の考え方です。

確かに、借金自体は悪いことではありませんし、「借りられる」ということはそれだけ信用があるってことですから、あながち間違ってはいません。

ただし、その信用を利用していけるのは、借金して借りた資金を事業やビジネス、資産等に投資していける人だけです。遊興費や娯楽費、見栄のために「浪費」する人が言えることではないでしょう。そんな知識レベルの人は、単なる金融業者のカモになってしまいます。

カンニング竹山さんは、完全にそのプライドの高さから身を滅ぼしてしまっていますね。勲章どころか、ただ単に情弱すぎてカモられてるだけです。

借金には必ず利息が付くので、必要以上に借りてはいけないのは常識です。借金を全くせずに生活するのは難しい日本になりました。だからこそ気を付けないといけないのです。

最初は一部上場の大手消費者金融から借りたそうです。10万円借りたようですが、返済は利息分のみしかしてなかったそうです。

当時の竹山氏の返済額

  • 借入金:10万円
  • 返済額:2,433円/月

10万円借りて2400円ほどの返済ですから、元本は減らず、利息のみ払い続けることになります。消費者金融側からしてみたら、いつまでも利息だけ払い続けてくれる”おいしい”お客ということになります。ゆえに元本が減らなくても催促はなかったそうです。

これは一番いけないパターンです。毎月の返済額が3,000円に満たないという事は、返済しやすい金額なのです。

10万円が手に入り、返している感覚が無い程の返済では、二度目の借り入れはすぐに起きてしまうでしょう。

いくら借りていくら返すのか、今払っている金額は利息に充当されているのか、元本に充当されているのか…金利の計算ができない人はカモられまくります。

最初こそ受付で手続きをするため心理的なハードルを感じていた竹山氏も、2回目以降は街のいたるところにあるATMからお金が借りれるため、そのうち『お金を借りる』から『お金をおろす』という感覚になっていったそうです。

これが麻痺した状態です。よくクレジットカードで起きると言われていましたが、借り入れのATMが増えるにつれて、借金でも増えてしまったのですね。しかも竹山さんは、借りたお金を自分のお金に思えてしまう脳の持ち主です。

大手の消費者金融は、借りやすい環境を町中に整えています。そもそも、なぜその消費者金融が大手にまで成長したのかといえばですね…いや、なんでもありません。

借金はすぐに80万円まで増えたそうです。80万円となると、利息だけで19466円にもなるのだとか。竹山氏が20代だった1996年当時ということなので、まだ貸金業法が改正される前、上限金利が29.2%の頃です。

しかし、この借金は母親が返済してくれたことで一旦チャラになります。

これは母親が肩代わりしてしまったことが運の尽きです。こういうタイプの借金癖のある方は、借りられるだけ借りさせて一回破たんさせることでしか矯正できません。

破たんすれば、向こう7年間は借りられないですし、クレカも作れません。そういう強制力の中で立ち直ってもらう方が本人のためです。周りも迷惑しません。

借金の肩代わりなんて、本人を甘えさせているだけです。でも、借金癖のある子供がいる親に限って、むやみに助けてしまったり、破産したら人生が終わりだとか考えているものです。

正直、この時点ですでに人生終わってるんですけどね(小声)

案の定、竹山さんは再度借金をしてしまいました。まだ売れてないですから生活費もカツカツ。そんな状態のところに、例の消費者金融が営業に来たのです。

一回借りる人は、また借りますからね。消費者金融の金脈リストにしっかり竹山さんは載っていたのでしょう(笑)業者からすれば、かなりちょろい人だったと思います。

もともと生活がきつかったところへかつて借りていた消費者金融から『また借りませんか?』と営業の電話がかかってきたことがきっかけ

営業の電話が来るのは当たり前のように思えます。一回返してくれているのだから、また次も返済してくれるだろうと消費者金融は考えるでしょうね。新規のお客を待つよりもリピーターに声をかける、これは商売として当たり前の事だと思います。

言われるがまま借金すると、今度は慣れてますからどんどんその金額が膨れ上がってしまいました。借金返済のために借金をするという一番どうしようもないスパイラルに突入です。賢い人であれば、自分がここでいくら借りれば将来どうなってしまうのかを考えることができますが、竹山さんの場合は学がなかったので考えられなかったのでしょう。

借金が増える段階の心理状態

・100万円未満⇒まだいける
・100万円以上⇒これ返せるのか?
・200万円以上⇒考えても仕方ない。ガンガンいこうぜ

そうして竹山氏の借金はあっという間に450万円まで膨らみました。

竹山さんは当時のメンタルはこう語っています。最終的には開き直ってしまったのですね。借金を辞める事は出来なかったのでしょうか。よくお金持ちになる人は、欲を抑えられる人とも言います。きっと欲を抑える事ができなかったのですね。

確かにイケてる事業家の中には、こういう頭がトんだ行動をする人がいます。「借金?すればいいでしょ」っていうタイプの人です。そういうぶっ飛んでいる考え方であるからこそ、革新的なことができるという側面は確実にあります。

しかし、それはあくまで”事業に費やすために”借りているだけです。娯楽に消費するとか、後輩にいいとこ見せたいみたいなくだらないプライドを守るためだったり、生活費が足りないとかっていう、そんな次元の低い話とは全然異なります。

一般の人が勘違いして大きな借金をこさえてしまった場合は、あきらめて債務整理するしかありません。そこからコツコツとやり直すしかないのです。

竹山氏の闇金経験

1.3万円を借りに行った

2.ペラペラの申し込み書に記入
⇒最寄駅から自宅までの地図を書かされる
⇒その場で住宅地図でチェックされる

3.3万円申し込んだのに2万円を渡される
⇒『申込用紙が1万円だ』と言われる
⇒3万円借りたことになっている

闇金は最終段階です。内容を聞くと本当に恐ろしいです。3万円借りて1万円の申し込み用紙とはいったいどういう意味なのでしょうか。意味が不明でも納得しなければいけないほど、困っていたのでしょうね。ここまでたどり着いてしまうと、救いようがありません。

行くとこまで行ってしまっています。

闇金からの取立てはきつく、そのうち電車内の荷物を見て置き引きを考えたり、家賃を払わなくなったりしたそうです。

部屋のドアには張り紙が貼られ、精神的に追い詰められた竹山氏は最終的に夜逃げまでしたそうです

夜逃げまでするとは、よっぽど追い詰められていた証拠です。しかも一歩間違えれば、前科がついてしまっていたのかもしれないとは…借金はやはり怖いものですね。

変なプライドを守ったり、「破産はだめ」という良く分からない常識を無思考で信じている場合ではなく、さっさと債務整理に踏み切らなかったから、悪夢が続いてしまったのです。

あちこちから借りた竹山氏の借金総額は完全に返済能力を超えており、彼女の定期預金を崩してもらって返済にあてたそうです。

しかしこのころの竹山氏は感覚が完全におかしくなっており、彼女のお金で返済してもらっているのに、罪悪感とか申し訳ないといった感情はほとんどなかったそうです。

竹山氏いわく、『子供や彼氏のために借金を返済してあげても、本人のためにはなってない』とのことです。

本人に借金依存の生活を改める気がないのに周囲の人が返済を手伝っても、本人にしてみたらただラッキーというだけで何も変わらないそうです。

確かに本人のおっしゃる通りです。これは彼女の前、母親の時からでていたの心の気持ちだと思います。しかし彼女はどうして竹山さんにそこまでしてあげたのでしょうか。

まだ他人な訳ですよね…いくら彼女でも大切な定期預金を崩すなどあまり理解できません。

竹山さんはやっていることがこんなにもクズなのに、周りの人には相当恵まれていたのですね。まともにやっている人からすると、ムカついてくる方もいらっしゃいそうです。

最終的に竹山氏が心を入れ替えるきっかけになったのは、彼女から別れ話をほのめかされたことでした。『私がいるとあなたがダメになるから距離をおきたい』と言われたそうです。

それまで、浮気をしても許してくれ、定期預金を崩してまで返済の手助けをしてくれていた彼女からの言葉が心に響き、ようやく借金への依存を断ち切ろうと決心したのです。

お金を貸しただけでなく竹山を改心させようとするなんて。そこまで好きなのでしょうか竹山の事が・・・ここまでしてもらって変わらなければ男じゃない。考え直さねばいけませんね。

生き方を切り替える決心をした竹山氏は、膨らんだ借金を債務整理という形で整理することにしました。弁護士に頼むことなく自力で手続きを行ったそうです。

自分でした借金なんだから、整理するのも返済するのも自分が苦しみながらやらないとダメだと思ったのだとか。

そういう苦労をして初めて愚かな自分から抜け出せると。

竹山氏は何度も東京の簡易裁判所に通い、どうやって返済するのか、仕事はどうするのかといったことをやりとりしたそうです。

これにより最高で450万円あった借金を180万円まで削ることができたとのことでした

債務整理を行ったこと自体は、とても賢い選択です。このときの竹山さんは完全に詰んでいるのですから、今後の人生をやり直すために債務整理は必須でした。

それは良いのですが「自力でやった」という点については、なんとも評価できません。専門家に依頼すべきであり、自分一人でやったことを美談のように語るのには、違和感しか感じられません。

“自分で苦労してやること” に意義なんかありません。「苦労」に価値なんか無いです。今まで自分がやらかしてしまった膨大な他人への迷惑について、こんなカスみたいな苦労程度で「自分は債務整理を苦労して自力で行うことで罰を受けた」と感じるべきではありません。

その”苦労”とやらが誰かのためになっていたり、何かを生み出しているならまだ良いですが、何の役にも立っていません。専門家に依頼すれば、すぐに終わるし手間もかかりません。要するに、する必要のない苦労をわざわざして、美談っぽく飾っているだけです。いつまで甘えてるんですか?と言いたくなってしまいます。

債務整理をしようか迷っている方は「自力でやって苦労すべき」とかいう、いつの時代なのかわからない価値観は捨てて、さっさと専門家に依頼し空いた時間で人生をやり直すための準備に取り掛かる方がよっぽど生産的だと思いますよ。竹山さんの失敗から学びましょう。

いまだに数千万円の借金

一件落着…かと思いきや、なんとこれで終わりではなかったのです。下の記事は2018年の記事です。

カンニング竹山が4月7日配信の『カンニング竹山の土曜The NIGHT』(AbemaTV)で、いまだに数千万円の借金があることを明かした。

えっ!何を言っているのか分かりません。終わったのではなかったのでしょうか?なんでまた借金を負っているのでしょうか。

さすがに意味が分かりません。しかも金額が前回の数百万円をはるかに上回ってしまっています。

竹山は「俺いま何千万って(借金)持ってる。大人だからいろいろあるでしょ。俺、お前らとは桁が違うぐらい借金しているよ。芸能界なんて水商売なんだから、最終的には破産すりゃいいんだよ」とぶっちゃけた。

さらに芸人たちに「死ななければどうにかなるから絶対に死ぬなよ。逮捕はされるな、逮捕されたら終わりだぞ。どうせまともじゃないんだから、まともじゃない人間らしく生きていけ」と助言をおくった。

えー!さっきと言ってることが全く違うじゃないですか。最終的には破産?しかも債務整理しているのになぜ借金が出来たのでしょうか。債務整理から数年経ったからですかね。

確かに、債務整理すれば数千万円なんて飛ばせますし、間違ってはいません。こういう破天荒な考えだからこそ、芸能界なんていうとんでもない業界で成功したんでしょうね。やっぱり芸能人ってすごいわ。

一般人で借金の返済に苦しんでいる人は、普通に債務整理して人生やり直せばそれでOKだと思うんですけどね。

✅ この記事をシェアする