黒木瞳の娘役まとめ【保存版】宝塚月組時代、大地真央との関係

人気女優の黒木瞳さんが、元宝塚の娘役トップスターだったことは皆さんご存知でしょう。そんな黒木瞳が宝塚時代に活躍していた内容についてまとめたいと思います。

黒木瞳の娘役時代、月組トップスター!大地真央との関係性

黒木瞳と大地真央のお二人は宝塚の月組トップスターでした。黒木瞳は大地真央との出会いにより、一躍トップの娘役と活躍していきます。

1981年に宝塚歌劇団に入団。

その後、1982年、入団2年目の異例の速さで月組トップスターの大地真央の相手役として指名され、一躍トップ娘役へ。

入団2年目の抜擢は周りの方からも脅威だったことでしょうね。ライバルの多い世界で、すぐにその実力を認めらた事は名誉の事だと思います。

1982年月組公演「情熱のバルセロナ」

この公演で大地真央さんの相手役として黒木瞳さんがトップ娘役に就任しました。「情熱のバルセロナ」での大地真央さんと黒木瞳さん。

大地真央さんが黒木瞳さんを抜擢した理由について、男役としては小柄な大地真央が同じような体格で度胸のある黒木瞳に以前から注目していて、相手役にと申し出たと明かされています。

大地真央が黒木瞳を抜擢したんですね。天才は天才を知るという事でしょうか。度胸の良さが無ければ周りのプレッシャーに耐えられないはずです。

楽屋入りのとき、ファンだという女の子2人にサンドウィッチを手渡された黒木瞳さん。サンドウィッチにはたくさんの砂が入っていたそうです。

いつの時代でもこの手の嫌がらせはあるのですね。まぁ今の時代の嫌がらせに比べれば可愛いものかもしれませんが。

お二人の代表作とも言われる「ガイズ&ドールズ」での大地真央さんと黒木瞳さん。二人とも存在感のある美しさで、人気があったのも頷けます。

この二人なら人気が出るのもうなずけます。女性が虜になるさまが目に浮かぶ二人ですね。

大地さんの相手役に大抜擢された黒木瞳さんは、周囲からのすさまじい羨望、嫉妬にさらされます。

公の場で耐えきれず泣き出してしまった黒木瞳さんに、大地真央さんは「思いきり泣きなさい」とハンカチを渡し…

ひとしきり泣いた黒木さんは、涙でグシャグシャになったハンカチを投げ捨て(これは宝塚のしきたりらしい)芸の道に邁進したそうです。

今の黒木瞳は強い方に見えますがやはり当時は泣きたいこともあったようです。宝塚歌劇団のしきたりにはビックリですが、それにより皆さん邁進してくみたいです。

黒木瞳と大地真央の関係!大食いエピソード

そんな大スターのお二人には意外なエピソードが結構あるのです。

とっても見目麗しい大地真央さんと黒木瞳さんですが、その実、お二人とももの凄い大食漢なのだそうです。

大地真央さんが黒木瞳さんを誘って焼肉に行き、10人前を食べたというエピソードが。

おっさん
えっ!この体系で焼肉10人前!?

よっぽど代謝の良い体なのでしょうか、しかし先輩に誘われて中々10人前は食べれないですよね。さすが度胸がいい。

トップ娘役に就いたことで、黒木瞳さんはとんでもない重圧も背負うことになります。稽古場で大地真央さんに叱られることはしょっちゅう。

「人が10年かかってやることをあなたは今やらなくてはいけない」と厳しく指導したそうです。

それでも仲の良いお二人は魅力的ですね。

人が10年かかることをは、相手を認めていなければ言えないセリフ、このエピソードだけでもお二人の強い絆が見えてきます。

黒木瞳さんをみんなの前で厳しく叱責した後、よくご飯に連れて行ってくれたという大地真央さん。みんなの前で厳しくする理由について、「他の人があなたに注意できないように私がするのよ」と言っていたそう!

大地真央の独占欲が強そうな言葉ですね。私が以外の人が彼女を叱る事を認めません、とハッキリ周りに言っているようです。

そんなとても仲の良い大地真央さんと黒木瞳さんを見て、周りの劇団の人たちは「二人は付き合っているのではないか?」とまことしやかに噂したそうです。

後の対談で、「私たちの愛に勝つ人はいないと思う」と発言された大地真央さん。そんな大地真央さんに、黒木瞳さんは付いていくと決めたのでしょう。

そう思われても仕方ないですよね。劇中ではそんな二人の間柄で演技をするのですから、ある意味プロとして素晴らしい噂ではないのでしょうか。

当時の女性が男性に言われたい言葉ですかね。今の男性には決して言えないセリフのように思えます。

宝塚歌劇団を退団すると決めたときに、真っ先に黒木瞳さんへ伝えたという大地真央さん。黒木さんは迷わず「一緒にやめていいですか」と聞いたそうです。

トップスターとトップ娘役の同時退団というのは、大地真央さんと黒木瞳さんが初めてだったようです。

二人の絆は何よりも深かったみたいです。宝塚歌劇団は女性の夢見る場、そこを相手が辞めるからという理由で決断するのは出来ることではありません。

同時に辞めることにより、更に二人の愛情が増すように思えます。

大地真央さんと黒木瞳さんが宝塚を同時退団してから、それぞれテレビや舞台、映画などで活躍されていましたが、お二人の初共演は意外にも26年後の2011年でした。

26年経っても二人の見つめ合う姿には、友情以上のものを感じます。そしてお二人とも美しい、ずっと見てられる雰囲気です。

その後、宝塚歌劇団100周年記念の舞台で2014年にも共演。
大地真央さんの自然なエスコートぶり、とっても素敵ですね。

大地真央の優しい目がとても自然です。何年たっても色あせない二人の関係を見れた気がします。今後のお二人の活躍を見ていきたいと思います。

✅ この記事をシェアする